ナインティナインの30年 ナインティナインの30年

【総力特集】ナインティナインの30年

 

ナインティナインが結成されたのは1990年。

大学受験に失敗した矢部浩之が、高校の先輩だった岡村隆史を誘い、芸人を目指すべくNSCへの応募を決意する。岡村の入学願書にはこう書かれていた。

「必ずトップに立ち、ダウンタウンのようになってみせます」。

しかしその願書は矢部が提出し忘れ、ふたりはよしもとのスタッフに直談判。NSCの9期生として入学を許可されるが、すぐに授業料を滞納し、養成所をクビになる。

お笑いを諦めようかと思っていた岡村に、矢部がこう言った。

「今辞めたら、負け犬ちゃいます?」。

それから30年。岡村は50歳、矢部は49歳になる。ふたり合わせて、99。

『吉本印天然素材』『オールナイトニッポン』『ぐるナイ』『ジャングルTV』『ASAYAN』『ナイナイナ』『27時間テレビ』……

数々の番組で活躍しながら、『めちゃイケ』で「土曜8時のヒーロー」として誰もが知る人気者になり、療養も、復帰も、結婚も、失敗も経験した。ナインティナインの人生は、まるごとドキュメントだ。

今年7月、カジサックのYouTubeチャンネルに出演した矢部は、これまでの歩みを振り返り、最後にこう宣言した。

「今から第2章」。

数々の節目と困難を乗り越え、芸歴30年を迎えた「今」から新たなステージを目指す彼らは、どんな笑いを届けてくれるのか? どんなワクワクを見せてくれるのか?

矢部・岡村へのインタビュー、彼らを熟知する関係者への取材を通し、激闘の30年間と、これから始まる「ナインティナインの第2章」を考える。

SPECIAL

根強い人気を誇るタレントやアーティスト、コンテツをどこよりも濃く深くシリーズ形式でお届け

PICKUP

QJが本当に心の底から推したいカルチャーの出来事を毎日、毎週、毎月紹介