岡村隆史が語る、相方との30年(2)悩み抜いて辿り着く「なんでも一生懸命やるしかないんです」

岡村隆史インタビュー【総力特集】ナインティナインの30年

1990年、矢部浩之が岡村隆史を誘い、ナインティナインは結成された。デビューからほどなくして『ぐるナイ』と『オールナイトニッポン』が始まり、誰もが知る人気者になった。無我夢中で駆け抜けて、療養も復帰も、相方と共に乗り越えた。しかし、大きな過ちを犯した日、そこに矢部はいなかった。

岡村隆史が、走りつづけた30年間を振り返り、これからのナイナイを考える。

※取材は結婚発表前の2020年9月下旬に行いました。


「もっとキツいことは20~30代であったのに」

――病気から復帰されたあと、まわりに頼るようになったと以前おっしゃっていました。周囲の変化は感じましたか?

岡村 みんなが助けてくれるようになりましたね。自分がイキり立ってた部分がずっとあったんで、そのイキリが取れた気がします。

今考えると、20代とか30代半ばで、休めばよかったなって。人間ってうまいことできてて、だいたいみんな40ぐらいで「もう無理やねん!」って言うんでしょうね。もっとキツいことって20~30代でありましたから。でも若いときってなんか乗り切れるんですよね。年とって衰えて、それでキャパを超えて、耐え切れなくなってもうた。「もうやめときや」って、笑いの神様にドーンって頭をど突かれたんでしょうね。

20代って、ほんまに寝ないでやってましたもんね……。あのときにはなんで体調悪なったり倒れたりせんかったんやろ、って思います。それが40になったときに、ひとりで舞台やってみようって思ったらパーンって、あんなことになってしまうんですからね。

――それでもここ最近は、映画や大河ドラマなどバラエティ以外の活躍も増えています。

岡村 映画はもともと好きやから、やりたくなってまうんですよね。ちょうど『めちゃイケ』が終わったころに忠臣蔵(『決算!忠臣蔵』)の話が来て、「関西弁で忠臣蔵できるの? おもろそう! やるやる!」言うて。絵コンテみたいなビジュアルがおもろいと、すぐ「やります!」って言っちゃいますね。その流れはたぶん『妖怪大戦争』の「小豆洗い」から始まってるんですけど(笑)。

大河は「オファー来てますけど、やりませんよね?」って言われて、「やれへんよ!」って言ったんです。でも「……ちょっと待てよ、大河? 大河に出れんのか!」って思って(笑)。あとにも先にも、もうないかもなと。僕、連ドラにも出たことなかったんです。だから、ちょっとのぞいてみようかなって思ったんですよね。

でも現場に行ったら「どえらいの引き受けた!」って思いました。あれは役者さん同士の“ケンカ”の場ですよ。染谷(将太)君とか見てたらもう……「嘘やろ、こんな空気変わるか?」っていう。うかつに出るって言ってしまったなって、毎回ビビり倒してます。

ほんまに、えげつないですよ。その現場を見られてるだけでも幸せかなって思ってるんですけど。まあ、火曜・水曜が空いてたし、今までやってないことのオファーが来たんで、ちょっとチャレンジしてみようかなって思ってもうたんです。

「未だにNHKで迷子になります」

岡村隆史

――『めちゃイケ』終了直後、『チコちゃんに叱られる!』が始まりました。

岡村 『チコちゃん』は打ち合わせも何もないですし、ただ行ってるだけです。それで「なんで?」って聞かれるっていう、本当にそれだけ。大変なのはスタッフさんと“うちの先輩”でしょうね。ボーっとNHKに行ってスタンバイして、ほんで「ボーっと生きてんじゃねーよ!」って怒られて帰ってくる。

――一緒に『紅白歌合戦』にも出演しましたね。

岡村 あれはチコちゃんに乗っかった感じですね。ほんまに、たまたまああいう役回りでキャスティングしてもらって、それでまた全然知らない『紅白』にも連れて行ってもらえて。ありがたいですね。今まではNHKでのお仕事がほんまに少なかったのもあるんですけど、未だにNHKのスタジオまでの行き方がわからないです、迷路みたいになってるんで(笑)。

相方との関係が悪いとは全然思っていなかった


この記事の画像(全10枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太