『キングオブコント』決勝のハープ演奏が凄いことになっていた。ザ・ギース高佐一慈が立てた「ハープの誓い」

2021.6.29
ザ・ギース高佐一慈サムネ

文=釣木文恵 写真=齋藤大輔 編集=アライユキコ


昨年の『キングオブコント2020』(TBS/9月26日放送)。決勝進出10組に選出されたザ・ギースのコント内で高佐一慈が披露したハープ演奏は、ハープ業界を揺らした。衝撃はお笑いの垣根を越え、創業147年の老舗ハープ専門店・銀座十字屋からランチタイムコンサートに招待され、さらに今年8月2日の「ハープの日」にも特別ゲストとして演奏することに。そもそも、たったひとつのコントのためにハープを習得するってどういうことなのか。なぜそんな扱いにくそうな楽器を? 「笑いのための労力を厭わない男」高佐一慈に話を聞いた。

【関連】『キングオブコント2021』に出場してほしい即席ユニット予想&妄想が止まらないので描いてしまった、ぜひ出場してください

自分で言うのもなんですけど、合っているような気がして

ザ・ギース・高佐一慈(たかさ・くにやす)
ザ・ギース高佐一慈のハープ演奏つきインタビューです

高佐一慈(たかさ・くにやす)
1980年、北海道函館市生まれ。函館ラ・サール高校在学中、校内でお笑いの試験「高佐共通一次」を実施したことも。早稲田大学では早稲田寄席演芸研究会に所属。特技にはハープ、パントマイムやピアノのほか、卓球も。YouTubeチャンネル『タカサ大喜利倶楽部』では毎回ゲストを招き、さまざまなスタイルの大喜利を試している。2004年、尾関高文と結成したお笑いコンビ、ザ・ギースで活躍中。

──高佐さんといえば『キングオブコント』決勝でのハープ披露が印象的ですが、あのコントが初めて披露された単独ライブ『スプリングボンボン』(2019年開催)前、ザ・ギースのおふたりは「ハープを探しています!」と呼びかけをされていましたよね?

高佐 してました、してました。

──ということは、ハープのコントをやろうという構想がまずあって、それを叶えるためにハープを手に入れようと?

高佐 単独ライブのネタ作りをしているときに「楽器を使ったコントができないかな」という話になって。ピアノはやってたので弾けるんですけど、それだと普通だし、何かおもしろい楽器がないかと考えたんですよ。バグパイプとかテルミンとか、いろいろ候補が出た中で「ハープじゃね?」と。ハープをネタに使ってる人って観たことないし、形もおもしろいし、自分で言うのもなんですけど、合っているような気がして。

ASH&Dライブ(2019年8月31日)でハープを弾く高佐。この姿をアポロン高佐と呼ぶ
「アポロン高佐」としてハープを携え『R-1ぐらんぷり2020』に出場、準決勝まで進出した

これは「ハープ芸人」としてやっていけるんじゃないか


この記事が掲載されているカテゴリ

この記事の画像(全22枚)


ARTICLE LIST

釣木文恵さんの関連記事一覧

釣木文恵さんの
新着・人気記事をお知らせします。