見えない何かが始まる予感がする、熊倉献の『ブランクスペース』(足立守正)

2021.3.4
ブランクスペース

文=足立守正


ピンクレディーのヒット曲「透明人間」は、作詞の阿久悠が幼少時に観た映画『透明人間現わる』のタイトルの矛盾点を突くことが主題の奇妙な歌で、これを流行させた昭和歌謡界のすごさと、透明人間という題材の人気に驚く。

原典であるH・G・ウェルズの小説が書かれたのは、エジソンが初期映写機の販売をはじめたころだというが、その映像化はここ半世紀、年に一度くらいのペースじゃないか。

しかし、透明人間は可視化できないので、ほかの物質が可視化を手伝うトリックを際立たせるために、透明人間自身が動き回ってこその魅力だ。ところが、熊倉献の『ブランクスペース』ときたら、動かない透明を描こうとする。

※この記事は『クイック・ジャパン』vol.154に掲載のコラムを転載したものです。。


なんて完成度の高い「第1巻」なんだよ。

熊倉 献『ブランクスペース』

なにかが落ちて音を立てるが、それは目に見えない、というなにも起きていないのと同然な出来事から始まる

古いタイプのラブコメの主人公みたいな女子高生・ショーコは、下校中に予期せぬ雨に降られ、立ち入り禁止の林を突っ切って近道しようとする。

そこで鉢合せたのは、地味だが聡明な同級生のスイ。スイは目に見えない雨傘のようなものを差している。ショーコは持ち前の単純さでその現象(実体のある「空白」とスイの関係)を理解し、難なくその下へ入り込む。

そういえば、熊倉献が以前に発表した『春と盆暗』(2017​)は、広義のラブストーリーながら、心地よい距離感のカタログみたいな連作集だった(ひと癖ある女性たちに対し、男性は常に敬語なのだ)。

その心地よさは本作にもあるが、今回はひと癖ある女の子同士。真逆の人種のようなのに、互いの想像力と創造力に敬意を示す

失恋直後のショーコは、課題用に切り抜いた紙の形に、バカっぽい学校の破壊を妄想する。クラスの理不尽な悪意に苦しむスイも、三島由紀夫の小説にインスパイアされて、学校を破壊する邪念を抱く。と、時折現れる両者の相似が気になる。

スイと出会った日のショーコが、ショーコに背中を押された日のスイが、同じ言葉を思い浮かべたことも含め、ふたりの距離感が今後どう扱われていくのか。その言葉とは「何か始まりそう」だ。ショーコがスイの背中を押した先にあるのは、自らも憧れる「恋」だった。

というわけで、目に見えない「彼氏」の創造が計画され、どこかで透明な心臓が形成されたらしきところで、第1巻が終わる。ページの最後の鼓動が、読者の期待につながる、なんて完成度の高い「第1巻」だよ。うれしいことに、何かが始まるのはこれからなんだよ

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ



足立守正

Written by

足立守正

(あだち・もりまさ) マンガ愛好家。マンガを評するよりも戯れる姿勢で、雑文を書いたり、研究したりする者です。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太