aikoの「輝く姿、続ける力」70Pの大特集、King Gnu井口理との雑誌初対談も『クイック・ジャパン』vol.154

2021.2.15
クイック・ジャパン154 aiko

2月26日(金)に発売する『クイック・ジャパン』vol.154では、歌手・aikoを約70ページの大特集で掲載する。

1998年のメジャーデビューから23年が経ち、歌手としての活動が人生の半分を超えたaiko。「歌うことが好き」という極めてシンプルな原動力や、「楽しいほうを選ぶ」人柄、それを支えるスタッフと長年の経験など、“今なおaikoが輝き続ける理由”をさまざまな側面から解き明かしていく。

QJ154 aiko
『クイック・ジャパン』vol.154 表紙

本人による楽曲解説や井口理との対談も

撮り下ろしグラビアとして「aikoをかたちづくるもの」をテーマに4つの衣装で構成した40ページ弱のフォトストーリーを掲載。インタビューは1万字に及ぶボリュームで、コロナ禍における生活、音楽を続ける理由、ひとりの女性としての人生について語っている。

クイック・ジャパン154 aiko
aiko 撮り下ろしフォトストーリー(『クイック・ジャパン』vol.154より)

また、昨年の『オールナイトニッポン0(ZERO)』での共演が記憶に新しい、King Gnuのボーカル・井口理との雑誌初対談を実施。歌い手として感じるお互いの立場について語り合った。

クイック・ジャパン154 aiko×井口理
aiko×井口理(『クイック・ジャパン』vol.154より)

さらに、ikura(YOASOBI)やOfficial髭男dismの藤原聡など、今を代表するクリエイター・アーティスト11名が「aikoにまつわるエピソード」を寄稿。知られざる接点や熱い思いが綴られている。

ほかにも、3月リリースの最新アルバム『どうしたって伝えられないから』のマスタリング翌日に行った、aikoによる楽曲解説や、日頃の動きを観察したマネージャー写メ日記、『クイック・ジャパン』主催の「aikoエッセイ大賞」(大賞は4月発売号で掲載)など、盛りだくさんの内容。

松本穂香、サーヤ、『オッドタクシー』、真空ジェシカも

そのほか、昨年TBSラジオで冠番組が始まった松本穂香(『新米記者・松本穂香です。』)とラランド・サーヤ(『ラランド・ツキの兎』)それぞれに、ラジオとの向き合い方をインタビュー。さらに、4月放送のアニメ『オッドタクシー』の書き下ろしシナリオ、WLUCKとクイック・ジャパンが年末に主催したイベント『AUN〜大喜利コンビ王決定戦〜』から優勝コンビ・真空ジェシカも登場する。

『クイック・ジャパン』vol.154 収録内容

【表紙特集】
aiko「輝く姿、続ける力」
▼aikoを示す、4つのグラビア(撮影=神藤 剛)
Scene 1 Innocence/Scene 2 Energy/Scene 3 Core/Scene 4 Free
▼1万字インタビュー
重ねてきた歳月を信じて常に楽しいほうを選ぶ
▼スペシャル対談
井口 理(King Gnu)あの日のラジオと、私たちの音楽の話
▼セルフライナーノーツ
『どうしたって伝えられないから』が届けたい言葉と物語
▼11名のアーティスト・クリエイターによる寄稿「いつもaikoがそばにいた」
ikura(YOASOBI)、片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、今泉力哉、佐藤千亜妃、末吉9太郎(CUBERS)、布川ひろき(トム・ブラウン)、清 竜人、加藤隆志(東京スカパラダイスオーケストラ)、中島早貴、@小豆、藤原 聡(Official髭男dism)
▼日記
チームaikoによる写メ日記「マネージャーは見た!」
▼『aikoエッセイ大賞』のお知らせ

【SPECIAL1】
NOW ON AIR! 新しい語り手たちの声
▼松本穂香 “言葉”と真摯に向き合う時間
▼サーヤ(ラランド) キャラでは太刀打ちできない場所

【SPECIAL2】
アニメ『オッドタクシー』
▼此元和津也 書き下ろしシナリオ「JUSTICE」

【SPECIAL3】
真空ジェシカ
▼若き大喜利王者は「面白い」の解を見つけたい

【好評連載中】
最果タヒ×小浪次郎「永永永永永永永遠遠遠遠遠遠遠」
死後くん「QさんJさん」
小袋成彬「小袋成彬の消息」
トミー(水溜りボンド)「日常が水溜りボンド」
こだま「Orphans」
いがらしみきお「お人形の家 寿」
ユースケ(ダイアン)「コラムニストユースケ」
冨田明宏「冨田明宏の読むアニメソング」
立川吉笑「次世代落語研究所」
オークラ「20代芸人Aくんはお笑いで天下がとれるのか」
和田彩花「未来を始める」

【INTERVIEW&REPORT】
『PUI PUI モルカー』/岡田康太/yurinasia/大前粟生/どんぐりず/猫と悠木碧/真っ白なキャンバス/B.O.L.T/BiS/流線形、一十三十一/和氣あず未/MADKID/高野麻里佳


この記事の画像(全5枚)



  • QJ154 aiko

    『クイック・ジャパン』vol.154

    定価:1,300円(税別)
    サイズ:A5/192ページ
    発売日:2月26日(金)より順次

    関連リンク


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太