WONK荒田洸×King Gnu常田大希、時代のカウンターである意識をしながら動く

2020.2.18

文=渡辺裕也 撮影=高橋マナミ


WONKとKing Gnuの共通点は、独自でレーベルを立ち上げていること。それぞれがレーベルを立ち上げた理由やスタンスは違うものの、2組とも「時代のカウンターである」ことを意識している。学生時代に知り合い、常にお互いの動きを意識してきたWONKの荒田洸とKing Gnuの常田大希が、それぞれのやり方で海外へ打って出るべく今考えていることを語り合った。

※本記事は、2019年8月23日に発売された『クイック・ジャパン』vol.145掲載の記事を転載したものです。


国内でやるべきことをして、海外へ行く

内向きな傾向が続く日本の音楽シーンにおいて、あきらかに異彩を放っているWONK。とりわけドラマー兼バンドリーダーの荒田洸は、その野心を常に海外へと向けているようだ。

そんな荒田が同世代のアーティストとして賞賛の声を惜しまないのが、King Gnuの常田大希。学生時代に知り合って以来、常にお互いの動きを意識してきたというふたりが、現在の音楽シーンに対するそれぞれの思いを語り合った。

──両者が独自でレーベルを抱えていることには、それぞれどんな理由があるのでしょう。

常田大希(以下、常田) 俺の場合は、単純に自分のクリエイティブの質を上げるためですね。仲間と一緒にやることによって自分の作品の総合的な質を上げたいっていうのが、PERIMETRON(※1)を作ったきっかけなんで。そこはEPISTROPH(※2)とスタンスが違うんじゃないかな。

※1 PERIMETRON 常田率いるクリエイティブチーム
※2 EPISTROPH WONKが立ち上げたレーベル

荒田洸(以下、荒田) まったく違うね。うちらは日本にブラック・ミュージック昇華型の音楽が定着するための土壌を作りたくてレーベルを設立したので、そこはスタンスの違いだと思います。

─―自分の活動においてなにかロール・モデルはありますか。

常田 川久保玲かな。パリコレの乗り込み方もそうだし、やっぱりあの席巻の仕方はすごいよね。

荒田 実はEPISTROPHでもレーベルのビジュアルイメージをどう作ろうかと話し合った時に、川久保玲の名前が出たんだよね。要はDover Street Market(川久保玲監修のセレクトショップ)になりたいと。あれだけいろんなブランドをひとつのセレクトショップに集めると、普通はイメージがぼやけると思うんだけど、DSMだけは揺るがないんだよね。そういうことがEPISTROPHとしてもできたらいいなって、まさについこの間みんなと話したばかりで。

常田 俺が川久保玲いいなと思ってるのは「時代性」なんだよね。カラフルなファッションが席巻している時代に「黒」を出す。そういうカウンターの感覚がいいなと。

――常田さんも時代へのカウンターであることを意識しながら動いてる?

常田 それはありますね。否定とかじゃなく「俺はこうするよ」「こっちのほうがいいんじゃない?」みたいな感じというか。

─―荒田さんはいかがですか?

荒田 そうですね。そういう意識がなかったらWONKみたいな音楽にはならないと思う。

常田 これはメジャーに足突っ込んでるから感じることだけど、日本にはヒップホップの価値観や美学がぜんぜん根付いてないよね。でも、それを国民性とは言いたくないんで、やっぱり俺や荒田がビートや言葉の楽しみ方を伝えていかないとさ。

荒田 うん。俺らはやりつづけるしかないし、多角的に攻めていないとね。それこそ常田の攻め方はすごく多角的だと思う。King Gnuという土台がしっかりあるところでmillennium parade(※3)をやれば、それが届く範囲は全然違ってくるだろうし。EPISTROPHの場合は服や食からも攻めていきたいんだよね。

※3 millennium parade 常田の新プロジェクト

常田 なるほど。そのへんはEPISTROPHが見てる世界とmillennium paradeが見ている世界はけっこう近いのかもね。

――その「見ている世界」というのは?

常田 日本の音楽業界をそもそも相手にしてないってこと。荒田も俺も、海を渡らなきゃいけないんですよ。

─―日本のマスに届けることはそこまで意識してない?

常田 そこはちょっと切り替えるというか、俺はKing Gnuもやってるんで。日本の音楽業界の価値観もそれはそれで知ろうとしてます。たとえば俺はCDを出すなんて考えてもいなかったし、いまCD聴くやつなんかいるのかなと思ってたんだけど、現実はCDを買いたいって人が日本にはいるし、むしろ出さないと金が稼げないわけで、そこはフレキシブルにやってますね。

荒田 これはプロジェクトによって違うんですけど、とりあえずWONKのマーケティングと見せ方に関して言えば、今は国内を見てます。でも、それは海外に行くためのステップでもあるんです。国内でもちゃんとやることはやる。そこから海外に行こうぜって。


荒田 洸(あらた・ひかる)
WONKのドラムを担当。バンドリーダー。唾奇のプロデュースなどヒップホップシーンではプロデューサーとしても活躍。2018年からはソロ活動をはじめ、WONKと同じくEPISTROPHからリリースしている。

常田大希(つねた・だいき)
King Gnu のボーカル、ギター担当。クリエイティブチームPERIMETRONを立ち上げ、King GnuのMV制作や常田の新プロジェクトmillennium parade の総合プロデュースを行うなど多くのプロジェクトを同時に進めている。


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

渡辺裕也

Written by

渡辺裕也

(わたなべ・ゆうや)音楽ライター。1983年生まれ。福島県二本松市出身。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太