井浦新論──その心許なさは、私たちの宝物。井浦新、揺らめく灯の轍。



推移し、進化し、深化する【心許なさ】

さて。

これから綴ろうとしているのは、ここまで書いてきたこととは、まったく別のことだ。

井浦新が、「若松孝二」と呼ばれる人物に扮したときを、あえて唯一の例外とするならば。

ARATAのときから変わらぬことがある。

それは、私にとっては、たったひとつ。

彼が演じる人物には、たとえようもない【心許なさ】が揺らめいている、ということだ。

『ワンダフルライフ』『シェイディー・グローブ』『DISTANCE』『ピンポン』『青い車』『蛇にピアス』『ウルトラミラクルラブストーリー』『空気人形』『ハナミズキ』『かぞくのくに』『ジ、エクストリーム、スキヤキ』『悼む人』『二十六夜待ち』『光』『嵐電』──どのキャラクターも。どんなに冷静に見える者も、どんなに凶暴に感じる者も、どんなに穏やかに映る者も、すべて、どうにもならない【心許なさ】を抱えている。

それぞれの濃淡はある。人物自身が意識的なのか無意識なのか、という違いもある。だが、彼らは、なんらかの傷(それは具体的に顔面に刻みつけられているときもあれば、精神の奥深く潜伏しているときもある)を負っており、そのことによって、否応なく【欠落】を受け入れざるを得ない風情がある。

映画初出演作品は是枝裕和監督『ワンダフルライフ』(1999年)/初期7作品ブルーレイPV

表面的にはけっしてそうはなっていない『君に届け』や『ニワトリ★スター』にも、微かな、本当に微かな【心許なさ】が滲んでおり、彼らは陽性のキャラクターだからこそ、切なさも愛おしさもひとしおだったことを告白しておこう。

『ニワトリ★スター』予告編

こうした【心許なさ】には、理由がある場合と、理由なんてない場合がある。理由とは説明できるものであり、その人物固有のものである。井浦新の演技表現が優れているのは、理由に固執しない点にある。彼は、たとえ物語上は理由があるとしても、【心許なさ】の本質である【漠然とした不安】や【理解してほしくない孤独】という広域のエリアに、観る者を連れていく。

つまり、理由があるように見えて、実は理由なんてない【心許なさ】を、私たちに体感させるのだ。そうして、人物に宿る普遍性が獲得される。井浦新が演じるのが、どんなに特別な人物であっても、どんなに特殊な人物であっても、私たちにとって他人事にならないのは、このオリジナルな【心許なさ】が有るからだ。

井浦新が体現する人間たちは、あるとき爆発する。あるとき不発に終わる。あるときはストーカー。あるときは犯罪者。あるときは幽霊。あるときは彷徨う。あるときは隠れる。あるときは叫ぶ。あるときは笑う。あるときは無表情。すべて、かけがえない【心許なさ】と共にある。

映画『かそけきサンカヨウ』本予告

近作『かそけきサンカヨウ』では、女子高生の父親に扮している。シングルファーザーであった彼が、子連れの女性と再婚しようとすることによって、娘は傷つく。井浦新、最新の【心許なさ】が、ここにある。優しくて、臆病で、繊細で、優柔不断で、案外無頓着なところもあって、けれども、前向きな【心許なさ】が、スクリーンには映し出される。この父親が映画音楽家であることは重要だ。映像に音楽を重ねていく作業を通して、父と娘がささやかにコミュニケートするシークエンスがある。井浦新には、ヘッドフォンがよく似合う。井浦新には、間接的な働きかけがよく似合う。この真実は、記憶しておくべきだ。

来年1月29日公開の『麻希のいる世界』でも、井浦新は父親を演じている。『かそけきサンカヨウ』とは正反対に感じられる人物の道行きには衝撃も待ち受けるが、やはり唯一無二の【心許なさ】と無縁ではない。

ここに昨年公開の『朝が来る』を加え、井浦新【父親】三部作と呼びたくもなるが、それはまた別の話だ。

いずれにせよ、推移し、進化し、深化する、この【心許なさ】は、井浦新だけが有しているものであり、映画の中の人間を真剣に見つめようとする観客にとっては【宝物】にほかならない。


この記事の画像(全19枚)



  • 映画『かそけきサンカヨウ』

    2021年10月15日(金)よりテアトル新宿ほか全国公開
    監督:今泉力哉
    主題歌:崎山蒼志「幽けき」(Sony Music Labels)
    原作:窪美澄『水やりはいつも深夜だけど』(角川文庫刊)所収「かそけきサンカヨウ」
    脚本:澤井香織、今泉力哉
    出演:志田彩良、井浦新、鈴鹿央士、中井友望、鎌田らい樹、遠藤雄斗、石川恋、鈴木咲、古屋隆太、芹澤興人、海沼未羽、鷺坂陽菜、和宥、辻凪子、佐藤凛月、菊池亜希子、梅沢昌代、西田尚美、石田ひかり
    配給:イオンエンターテイメント
    (c)2020映画「かそけきサンカヨウ」製作委員会

    関連リンク


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

相田冬二

Written by

相田冬二

(あいだ・とうじ)ライター、ノベライザー、映画批評家。2020年4月30日、Zoomトークイベント『相田冬二、映画×俳優を語る。』をスタート。国内の稀有な演じ手を毎回ひとりずつ取り上げ、縦横無尽に語っている。ジャズ的な即興による言葉のセッションは6時間以上に及ぶことも。2020年10月、著作『舞台上..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太