カミナリまなぶの不安「お笑いやってるかな?」第七世代に入らず“別で勝負したい”(てれびのスキマ)


昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、てれびのスキマによる2020年のテレビ鑑賞記録。


『あちこちオードリー』

カミナリ、ダイアンがゲストの後編。終始、つかみどころのない“ヌルヌル”したトークを展開するカミナリまなぶを「おもしろそうで終わる」と若林が評すと、たくみも「それがコンビの悩み」だと明かす。「『まなぶくんどう?』って聞いてくるけど、大ハネしたことがない」と。

これを受けて、若林は「まなぶと春日は似てる」と語る。「期待はスゴいされる。あと、スベったらいっちょまえにダメージ受けてるじゃない?」「みんなが好きじゃん、ふたりのこと。その時点で(ウケてもスベっても)どっちでもいいような気がするの。万が一スベっても現場は楽しいから。だけど『うっ!』って顔するじゃん(笑)」。

まなぶはカミナリの現状を「お笑いやってるかな?」「芸人でメシは食えてるかもしれないけど、僕が観てたテレビじゃない」と少し不満に感じているそう。それを思ったきっかけが、同期のハナコ・菊田に「カミナリはいいよな。俺憧れてるんだ、お前らに。だってお笑いやってないじゃん」と悪気なく言われたからだと。

カミナリは霜降り明星とも同期。年代的には完全に第七世代だが、そこには「まったく入りたくない」という。「今入っても、霜降り(の下)じゃないですか。俺ら、そこでリーダーになれない。だったら別で勝負したい」と。この言葉に相方のたくみは「気持ちはいっちょまえなんですけど、スキルが追いついてない」と笑う。

霜降り明星をライバル視している?の問いかけには、自分たちのほうが早く『M-1』に出た、と「ライバル」という表現を頑なに使わないまなぶ。「相手をライバルだと言うのは、ちょっと負けてるってこと」というオリラジ中田の言葉を思えば、まなぶは霜降りに「負けている」という意識はないのだろうなと感じた。そんなまなぶの夢は「副業せずにプライベートジェットを買う」こと。

ダイアンのユースケは、千鳥ノブから「お前はプロレスラーで言ったら黒パン過ぎる」と言われたことを明かす。「毒霧吹いたりサーベル持ったりしとかなあかんけど、お前は黒パン一丁。ストロングスタイル過ぎる」と。秀逸すぎる表現! 

『戦国にすゑひろがりずがやってきた!の巻!』

武将様(ミサイルマン岩部)のライブを有料配信で。見るからに方向性が共通する2組だが、ライブ開始当初はお互いのやり方が把握できていないのか、手探り状態。だが、中盤辺りから噛み合いだすともう無双状態。すべてのやりとりがおもしろい。ひとつひとつのゲームも手が込んでいてひたすら楽しい。客出しまでサービス精神が途切れない武将様。テレビでも武将様をもっと観たい。


今日観たい番組:「先輩の家で長風呂、1時間が限界説」など

『家、ついて行ってイイですか?』(テレ東)4時間半SP。

『水曜日のダウンタウン』(TBS)は「先輩の家で長風呂、1時間が限界説」「寝坊癖相方遅刻させチャレンジ」「平成以降、いかなる天災もこうむっていない“選ばれし地”存在する説」。

『バナナサンド』(TBS)にダチョウ倶楽部。



  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太