ぺこぱ松陰寺、ニューヨーク屋敷、ヒコロヒーが語る「第七世代」の価値観(てれびのスキマ)

2020.9.13

昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、てれびのスキマによる2020年のテレビ鑑賞記録。

屋敷が評する“第七世代”は「賞レースに対してキラキラがんばる」

『さんまのお笑い向上委員会』

前々週から登場するも、前週はほぼひと言もしゃべらなかった春日。オープニングで「知らない国のバラエティに出てるみたい」「なんだったんだ、私の20年は?って」と反省。登場してきた「魔王」ことザブングル加藤にも「ワースト2位」に選出される。「お笑いで食っていけてるのか?」と春日に言う加藤に、さんまや今田らが一斉に「お前や!」とツッコミ。

そして加藤からワースト1位に選ばれたのが、ニッチェ近藤。なんとこのスタジオに彼氏がいると。恋人どころか「こ、婚約しました」と番組プロデューサーとの婚約を発表する近藤。まさかの展開に興奮して足踏みし、バスケシューズで「キュッキュ」と鳴らすさんまが可笑しかった。

板倉にケンカをけしかけられたぺこぱ松陰寺が「第七世代、不毛なプロレスしないんですよ」と返していたのも鮮烈だった。

『ゴッドタン』

「気づいちゃった発表会」。ニューヨーク、鬼越トマホーク、岡野陽一、ヒコロヒーというメンバーがまず抜群。「第七世代とはただの『ネタパレ』メンバーのこと」(ヒコロヒー)とか「第六世代と第七世代の差は漫才やコントに対して一生懸命がんばってる姿を見せるかどうか」(屋敷)など、ここでも「第七世代」の話題。自分たちは『M-1』や『キングオブコント』に熱くなってるところをなるべく見せないようにする世代だったと屋敷。

だが、賞レースに対してキラキラがんばる姿を見せたほうがお客さん応援する風潮になり、自分たちは取り残された、と。誤算だったのは、劇団ひとりやおぎやはぎといった自分たちと同じ思想だったはずの先輩たちも、第七世代をかわいがるようになったこと。屋敷「もう普通に丸くなってキラキラした若者好きなんですよ」。ひとり「そういうの見せるのダサいっていうのがダサい(笑)」。

さらには「俳優・ミュージシャンと飲みに行く芸人は問題起こしがち」(鬼越・坂井)とか、「漫才師よりコント師のほうが問題を起こしやすい」(岡野)などといったド偏見も。加えて「スタイリッシュなコントを好むコント師の“やらなそうなほう”」が危ないと補足する岡野が導き出した、次に問題を起こす候補は「ザ・ギースの高佐」。ヒドい!

『太田伯山』

ゲストにファーストサマーウイカ。劇団上がりという経歴や、髪型や眉毛の形も番組によって変えるといった高い戦略性の話を聞くにつれ、グイッと前のめりになっていくレギュラー陣。ウイカ「『実はマジメ』じゃなくて『普通にマジメ』なんですよ」。

「好きが嫌いになったら2度と好きにならないと思うんですけど、嫌いは簡単に好きになる。だからあんまり好かれたくないという気持ちと、でも嫌われたくない。視聴者に迎合していくスタイルが正しいと思えないけど、今ガンガンに嫌われると病んじゃう」と言う彼女。「その言葉が見えちゃう」から今は大変だと肯く太田。そうして迷っているとき、ウイカは立川談志の「俺はバカに嫌われるんだ」という言葉に救われたと。伯山「アイドルが立川談志の名言にすがってる時点でおかしくなってますよ(笑)」。

今日観たい番組:「あいみょんの人生ベスト5!」など

『ガキの使い』(日テレ)は「芸人考案ゲームで遊ぼう」第4弾。

『関ジャム』(テレ朝)は「あいみょんの人生ベスト5!」。

『おかべろ』(フジ)にフワちゃん。

『おしゃれイズム』にムロツヨシ。


この記事が掲載されているカテゴリ

  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

ARTICLE LIST

てれびのスキマさんの関連記事一覧

てれびのスキマさんの
新着・人気記事をお知らせします。