岸田國士戯曲賞「受賞作なし」から考える、演劇の変化と戯曲の可能性

2021.4.9


戯曲を読む。演劇の扉を開ける。

2020年は新型コロナウイルスの影響で、世界各地で劇場が閉鎖されました。特に初期には「演劇は不要不急か」と議論にのぼることも多くありました。ただ、今に限らず昔から「演劇を観たことがない」「演劇は流行ってない」と言われることはあります。けれども「演劇」とひと言にするとあまりに幅広く、伝統芸能を含まない現代演劇に絞っても、俳優が舞台で台本を演じるものもあれば、即興劇、音楽劇、野外劇、街中やカフェや家で行うもの、観客が参加するもの、人間以外が出演するものなどなどたくさんあります。岸田戯曲賞の対象となるのも、商業演劇的なもの、小劇場、宝塚歌劇団やミュージカルまでジャンルはさまざまです。

舞台で上演される作品だけに絞っても、その全体像は近年、大きく変化しています。2.5次元舞台が大きな人気となりエンタテインメントを席巻する一方、小劇場では私小説的な舞台も増え、あえて東京以外に拠点を移す20代もいます。さらにはコロナの影響を受け、オンラインというまた別の発信手段もより一般的になってきました。特にインターネットが普及し、ライブパフォーマンスそのものの環境が変化しているなか「演劇」という業界はなかなかひと括りにできません。そのなかで「戯曲」は、どこに住んでいても触れられるもの、そして無限の想像の可能性を広げられるものです。どういう戯曲がなぜ優れ、どんな価値を持っているのか、改めて選評を読むこともまた演劇と戯曲の楽しみのひとつでしょう。

この3月末、戯曲好きのバイブルと言ってもいいでしょう老舗の戯曲雑誌『せりふの時代』(日本劇作家協会責任編集/小学館/1996年秋創刊。2010年休刊)が復刊しました。

20作以上の新作戯曲ばかりが、作家のコロナ禍における近況と共に収められています。ぜひ手に取って、演劇の現在地と、言葉と想像の旅を楽しんでください。

QJWebを応援してくださる方、サポートをお願いします。今後の運営に活用いたします。

この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ



Written by

河野桃子

(かわの・ももこ)ライター。大学にて演劇・舞台制作・アートマネジメントを学ぶ。卒業後は、海外渡航を経て帰国。週刊誌・テレビ報道・経済誌などで記者、編集者、制作者として活動。現在は、小劇場、商業的演劇、2.5次元、アングラ演劇のほかコンテンポラリーダンス、舞台制作、地域の演劇祭、障害者の観劇におけるア..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太