SKY-HIが今、新会社とボーイズグループを作る理由。大切なのは未来へバトンをつなぐこと

2020.11.22


パフォーミングアーティストなら世界に広げることができる

――『BMSG Audition 2021-THE FIRST-』も、BMSGを語る上で欠かせない動きですが、以前からアーティストのプロデュースにはご興味があったんですか。

SKY-HI 活動自体のプロデュースに関しては、そこまで大きくは考えてなかったかな。ただ、「ボーイズグループが飛び抜けてかっこいいものを生み出したら、何かが変わるかもしれない」と数年前くらいから漠然と感じていました。
パフォーミングアーティストって、めちゃくちゃローコンテクストじゃないですか。人間がパフォーマンスをすることの美しさやすごさって、「アイスがおいしい」ってことと同じくらいわかりやすいことだと思うんです。

――なるほど。

SKY-HI “かっこいい”って、本当はわかりづらいことなんです。感覚や感性を共有できる同じくらいの芸術的な素養がないと、共通言語として“かっこいい”は成り立たないから。本来であれば、打開策として“媚びる・寄せる”か“突き放す”を選ばなきゃいけないんですけど、視覚で訴えることができるパフォーミングアーティストなら一気に“かっこいい”をわかりやすいものにすることができる。
強固なメッセージや確固たるクリエイティビティやアーティシズムがある、崇高なアートなどは、ものすごく美しくてかっこいい、だけどわかりにくい。そういったものを世界に広げることができる。実際にBIGBANGやBTSなど韓国のボーイズグループが、クリエイティビティが高いものは人の心を動かすと証明してくれました。

SKY-HI / Mr. Psycho (Prod. SUNNYBOY) -Music Video-

――ボーイズグループをプロデュースしようと動き出した、きっかけはあったんですか。

SKY-HI 日本のクリエイティビティが革新することはないって、確信しちゃったんです。年下のダンサーやアーティストが悩まされていることが「10年前の俺が感じていたことと一緒」だと知ったとき、この十数年間はなんだったんだろう……と思ってしまって。でもあのころと今では、“自分がいる”ということでは少なくとも違う。かつての自分を助けてくれた人への感謝を、次の世代に返していく時が来たような感覚があります。「これがやるべきことだ」って見つけたというか。

――それは最近よく口にされている、“諦念”ってことですか。

SKY-HI いや、違います。どちらかというと“啓示”や“閃き”に近いと思います。

――「次の世代に手を差し伸べるのは自分だ」と閃いた、と。

SKY-HI ボーイズグループというものが才能を殺されやすいから旗印に掲げているだけで、Novel Core(※編集部注:BMSG第1弾アーティスト。10月にBMSGとavexが共同で設立した音楽レーベル「B-ME」からメジャーデビューを果たした)のようなアーティストと契約することも出てくるんじゃないかな。
もちろん、形態はソロに限らず。ただNovel Coreもそうなんですが、自我があるアーティストほどインディペンデントですべてできてしまうので、わざわざ自分が手を差し伸べる必要があるかはセンシティブな問題なんですけど。Novel Coreの場合は一緒にやれて本当によかったと思っているし、彼の助けになれている実感が今のところはあります。

Novel Core / SOBER ROCK (Prod. SOURCEKEY) -Music Video-

アーティストである以前に、ひとりの人間


この記事の画像(全9枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

ライター_坂井彩花

Written by

坂井彩花

(さかい・あやか)1991年、群馬県生まれ。ライター、キュレーター。ライブハウス、楽器屋販売員を経験の後、2017年にフリーランスとして独立。『Rolling Stone Japan Web』『Billboard JAPAN』『Real Sound』などで記事を執筆。エンタテインメントとカルチャーが..

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。