SKY-HIが今、新会社とボーイズグループを作る理由。大切なのは未来へバトンをつなぐこと

2020.11.22


マインドのずれを一緒に埋めていくファンコミュニティ

――ファンコミュニティとして10月にスタートした「B-Town」は、いかがですか。

SKY-HI 非常にいいですね。

BMSG」公式サイトでは「B-Town STATEMENT」が掲載されている

――具体的には、どのような面に可能性を感じていますか。

SKY-HI 大きく分けてふたつあります。ひとつ目は、問題にも力にもなるファンダムというものを再構築や再定義するのに、ひと役買ってくれそうなところ。演者とファンの間に起きる問題の多くは、意識や意志のずれなんです。最初は小さな食い違いだったものが、放置しておくと取り返しのつかないものになってしまう。
ファンがアーティストやアイドルに対して思ったり求めたりするものに、危うさを感じることもあります。アーティストが意思を見せたら「自分の思ってるあなたと違う!」となったり、アイドルが髪の毛を染めたのに対して「戻せ!」と迫ったり、平気で太ったとか痩せたとかセンシティブな体重の話などを本人に伝えたり。でも、一方でファン心理というものは自分にはわからないことも非常に多いので、一緒にずれのないマインドを作っていきたいですね。

――もうひとつはなんでしょう。

SKY-HI クローズドSNSなので、お互いに変な忖度が働かないことです。不特定多数の目に触れる可能性があるものって、削って整えて問題がないようにきれいにしなくちゃいけないですよね。それって発信する側の負担になっていることはもちろん、見る側にも「何か言ってよくないことがあるんじゃないか」と変な意識が働いてしまい、双方にとって健康的ではない。
その点、クローズドSNSならフォローする時点で何かしらのハードルを越えていますし、一つひとつのエンゲージメントを深いものにできる。同じ条件をクリアしているという時点でファン同士の関係も横並びになりますし、とても平和です。

――インスタグラムを主軸に発信しているのもおもしろいですね。

SKY-HI シンプルにユーザー数が多いのもありますし、コミュニティに参加するためにわざわざ登録するものにしないほうがいいな、と。インスタグラムなら、普段からみんな見るでしょう。

――確かに。

SKY-HI インスタグラムで運営できるかどうか、3〜4カ月くらい可否を探っていました。毎日長文を作って投稿することがスケジュール的に可能なのか、それも自分のアカウントで実験しました。それが、8月に20日間くらい書いていた日記です。

――始まって1カ月弱ですが、手応えはありますか。

SKY-HI あります。ファンの方に今まで見せることができなかった、音楽制作の裏側や進行中の楽曲のことなどを伝えることができますし、一線を越えたサービスを提供できている実感もあります。それに僕自身もすごくおもしろい。コミュニケーションを通して、自分の中にはなかった視点を学ばせてもらっています。コミュニティの中で綴っていることは、ファンダムや音楽業界に興味がある人なら楽しんでもらえるはず。だし、いちアーティストが、そして事務所の社長がこんなに深くコミュニケーションを取ることは今まであまりなかったと思うので、ぜひのぞいてみてほしいです。

パフォーミングアーティストなら世界に広げることができる


この記事の画像(全9枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

ライター_坂井彩花

Written by

坂井彩花

(さかい・あやか)1991年、群馬県生まれ。ライター、キュレーター。ライブハウス、楽器屋販売員を経験の後、2017年にフリーランスとして独立。『Rolling Stone Japan Web』『Billboard JAPAN』『Real Sound』などで記事を執筆。エンタテインメントとカルチャーが..

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。