JO1、待望の2ndシングル『STARGAZER』をリリース。発売記念ショーケースイベントに潜入!

2020.8.26


パワーアップしたJO1に出会える『STARGAZER』

つづいて、8月26日にリリースとなった『STARGAZER』の楽曲も、MVが出ている作品を中心に触れていきたい。

JO1|『OH-EH-OH』MV

「OH-EH-OH」は、共通収録曲となっているリードトラック。シンセベースを中心としたハウスジャンルのナンバーだ。声が低い印象の強い金城が、メンバーと同じ声域を違和感なく歌いこなしている姿には成長を感じざるを得ない。

ダンスの見どころとしては、後半にジャケットを脱いで担ぐところだろう。チラ見えだった肌が、当たり前に見えるようになるギャップには思わずドキリとしてしまう。初めて演技に挑戦したMVも注目必須だ。トレーラーの時点で、「黒幕は川尻?」と言われていた謎が解けるようになっている。

JO1|『So What』PERFORMANCE MOVIE

クールなトラップビートが印象的な「So What」。“JO1 WE GO TO THE TOP”というリリックがあるように、誰になんと言われようが「それが?」と蹴散らしていく1曲になっている。

腕の角度や手を下ろすスピード感など、息の合ったパフォーマンスが要求される楽曲なのだが、メンバーのシンクロ率がすごい。佐藤と川西の身長差が10cm以上あるにもかかわらず、凸凹しているように見えないのは、それぞれが意識して腰の高さなど細かなことにも気を配っているからなのだろう。「La Pa Pa Pam」の一歩先へ行くパフォーマンスを観られるはずだ。

JO1|『GO』 PERFORMANCE MOVIE

リリース前から音楽好きの間で話題をさらっていたのは、ハウスリズムに最先端のメロディが魅力的な「GO」である。親友にとっての羅針盤になりたいと紡がれた歌詞は、“JO1になる”というひとつの夢を叶えた彼らだからこそ、より説得力を持って響く。

サビで伸びやかに鳴らされる河野のハイトーンボイスも以前よりパワーアップしているので、その力強さをぜひ感じてほしい。ダンスにおいては、一人ひとりの見せ場がしっかりと設定されている。それぞれが自分の魅力を認識し始めているのを、大いに実感できるはずだ。

上記3曲のほか、『PRODUCE 101 JAPAN』のバトル曲でもあった「KungChiKiTa」のJO1バージョン、ピアノ伴奏とビートを中心に構成されたメンバーの声のよさを堪能できる「Voice(君の声)」、與那城が作詞を担当したポップなナンバーの「My Friends」が、盤に応じて収録される。どの楽曲もデビュー時よりパワーアップした彼らに出会うことができるはずだ。

約5カ月の時を経て、いよいよ発売された2ndシングル『STARGAZER』。「JO1×TOWER RECORDSコラボキャンペーン」も開始され、延期となっていた『JO1 Museum』もリスタートを切った。ぜひこのタイミングでJO1のデビューまでの道のりを振り返ると共に、怒涛の急成長をつづける彼らに今一度注目したい。

セカンドシングル『STARGAZER』 発売記念ショーケースイベントより (c)LAPONE ENTERTAINMENT


この記事の画像(全25枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ



ライター_坂井彩花

Written by

坂井彩花

(さかい・あやか)1991年、群馬県生まれ。ライター、キュレーター。ライブハウス、楽器屋販売員を経験の後、2017年にフリーランスとして独立。『Rolling Stone Japan Web』『Billboard JAPAN』『Real Sound』などで記事を執筆。エンタテインメントとカルチャーが..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太