岩田剛典論──精霊のような冷ややかさと、動物的凝視。その優雅な融合が岩田剛典である。



『バスカヴィル家の犬』で見せたドラマとは異なる魅力

『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』予告

『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』は、ドラマ『シャーロック』(フジテレビ)の映画進出バージョンだが、コナン・ドイルの原作から自由に発想していたテレビシリーズとは異なり、名探偵シャーロック・ホームズが活躍する小説群の中でも最高傑作と言われながら、最もイレギュラーな形式でもある『バスカヴィル家の犬』から出発している。

この小説は、ホームズとワトソンの二人三脚ではなくワトソンの冒険を描いている。だから、今回の映画では、少なくとも前半は、若宮=ワトソン(岩田剛典)の単独行動であり、獅子雄=ホームズ(ディーン・フジオカ)は遠くから見守るリモート相棒なのだ。

若宮潤一に扮する岩田剛典と、誉獅子雄を演じるディーン・フジオカ

このことが、連ドラとは異なる作品風情を醸し出しているだけではなく、バディがソロになったときの本質を垣間見せて実に興味深い。

ドラマ『シャーロック』では、その高い演技技術力で、ディーンとの呼吸を華麗にクリエイトしていた岩田は、映画『バスカヴィル家の犬』においては、【山の上のお屋敷】という舞台設定を得て、精霊的なキュートさと、動物的な純粋好奇心を全面的に発揮して、ぐいぐい事件の謎に飛び込んでいく。

『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』より

前述したような冷ややかさや、獰猛さは、ここにはない。だが、人間ならざる愛らしさが充満している。

ラストでは、誰もが予想できなったことが起きる。それをここで記すわけにはいかない。

だが、この俳優を見つめてきた者なら、きっと呟くことだろう。

岩田剛典はやはり大自然と相性がいいのだ、と。

【関連】連載「告白的男優論」

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全18枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』 (c)2022「バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版」製作委員会

    『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』

    2022年6月17日(金)全国東宝系にて公開
    監督:西谷弘
    脚本:東山狭
    原案:アーサー・コナン・ドイル「バスカヴィル家の犬」
    出演:ディーン・フジオカ、岩田剛典、新木優子、広末涼子、村上虹郎、渋川清彦、西村まさ彦、山田真歩、佐々木蔵之介、小泉孝太郎、稲森いずみ、椎名桔平
    配給:東宝
    (c)2022「バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版」製作委員会

    関連リンク


相田冬二

Written by

相田冬二

(あいだ・とうじ)ライター、ノベライザー、映画批評家。2020年4月30日、Zoomトークイベント『相田冬二、映画×俳優を語る。』をスタート。国内の稀有な演じ手を毎回ひとりずつ取り上げ、縦横無尽に語っている。ジャズ的な即興による言葉のセッションは6時間以上に及ぶことも。2020年10月、著作『舞台上..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太