電気グルーヴに深く刻まれた哲学「君が捨てている部分が一番大事なところ」【Roots of 電気グルーヴ#6:Pop Will Eat Itself】

文=天野龍太郎 編集=森田真規


電気グルーヴの石野卓球とピエール瀧が音楽的なルーツについて語るトーク番組『Roots of 電気グルーヴ ~俺っちの音故郷~(仮)』。株式会社ビーアットのプロジェクト「BE AT TOKYO」がサポートし、同社が運営するラフォーレミュージアム原宿のコミュニティスペース「BE AT STUDIO HARAJUKU」で収録、YouTubeとポッドキャストで多角的に発信されているコンテンツで、このQJWebではテキスト版をお届けしている。

第1回のニュー・オーダー、第2回のDAF、第3回のダニエル・ミラーとミュート・レコード、第4回のデペッシュ・モード、第5回のパレ・シャンブルグにつづく今回のテーマは、ポッピーズことポップ・ウィル・イート・イットセルフだ。記事ではトークの途中途中で飛び出す固有名詞に詳しい注釈をつけているので、ぜひサブテキストとしてお楽しみいただきたい。


2回繰り返すと「音楽」になる

ピエール瀧 さあ、今回のテーマは?

石野卓球 はい。今回は、ポップ・ウィル・イート・イットセルフ(※1)。

 ポッピーズ。

石野 「ぽっぷうぃるいーといっとせるふ」。これ、すごい日本語的な発音だよね(笑)。ウチらが電気グルーヴを結成するにあたって、すごく影響を受けたグループだよね。通称「ポッピーズ」。あと、頭文字を取って「PWEI」っていうね。このロゴとかね。

 今見るとすげえ90sな感じがするね(笑)。

石野 デザイナーズ・リパブリック(※2)だからね。知らない方に軽く説明すると、イギリスのバーミンガム出身のバンドなんだけど。1986年に結成なんだって。

 あっ、けっこう古いんだな。

石野 そう。意外に古いんだよね。で、前身バンドはシラフで演奏したことがないっていうぐらい、毎回酒を飲んで演奏するっていうのが売りだったんだって。

 なるほど。バイアグラ・ボーイズ(※3)スタイル(笑)?

石野 バイアグラ・ボーイズいいよね〜。それもいずれやろう。

 ルーツかどうかっていうと、またアレですけどね(笑)。

石野 だけど、そういうのも今後やっていきたいなって。

 (ポップ・ウィル・イート・イットセルフは)ポップギターバンドなんだけど──。

石野 インディギターバンドね。

 バンドバンドしてないったらアレだけど、ちょっとエレクトロニックな要素が入ってる。

石野 「バンドバンド」(笑)? デュラン・デュラン、まえだまえだ、Francfranc(フランフラン)……プリンセス プリンセス(笑)。

 ポパイポパイ(※4)。

石野 あっ!

 「あっ!」じゃねえよ(笑)。

石野 ずるい! 今ほんとに一瞬「ずるい!」って思っちゃった(笑)。「そっちのほうがよかったのに!」って(笑)。で、これが87年に出たファーストアルバムなんだけど。

 『Box Frenzy』。

石野 ほら、裏ジャケでもビール飲んでる。

 ほんとだね。いいね。信用置けるな〜。

石野 (笑)。ほんと、痛風なんか怖くないって感じでしょ(笑)。

 このノリでバンドやってるぜってことだもんね(笑)。

石野 俺が最初に聴いたのはこれ(『Box Frenzy』)だったんだけど、まず名前がかっこいいよね。

 うん、そうね。「ポップ・ウィル・イート・イットセルフ」。

石野 で、日本だと「ポップ・ウィル」とか「PWEI」だけど、イギリスでは「ポッピーズ」って言われてて。ケミカル・ブラザーズとかも日本だと「ケミブラ」とか言うじゃん。でも、イギリスだと「ケムズ」って言う。

 日本の略し方とちょっと違いますよね。

石野 そうそう。だから、お前が高校時代に先輩から「顔」って呼ばれてた、みたいな感じ? 「瀧」っていう呼びやすい名前があるにもかかわらず、「顔」って呼ばれてたっていうさ。

 文字数は合ってるからね。

石野 (笑)。

 増減ないから、まあそこはいいでしょう。

石野 もう色んなとこで話してるけど、瀧が高校時代、野球部で1年のころに部室で説教を受けて、足上げとかやらされるじゃん。今や失われた昭和の文化「野球部いじめ」っていう。

 「1年、たるんでるから集まれ〜!」って説教食らったりするわけですよ。

石野 「集まれ〜!」(※5)っていうのはもちろん闘莉王のやつでしょ(笑)。闘莉王、いいよね。

 好きだよね、お前。闘莉王と斎藤佑樹がほんとに好きだよな。

石野 ははははは(笑)!

 たまに俺に斎藤佑樹情報を送ってくることあるもんな。

石野 野球に関しては瀧のとこに集めたいっていうのがあるんで。野球に関しての情報と、ここ2年ぐらいの「俺はコロナだ」っていうやつの事件に関しては、必ず見つけたら瀧に送るようにしてるもんな。「俺が畳だ!殿様だ!」(※6)に対して、「俺はコロナだ!陽性だ!」っていうさ。これ、現代版としてカバーで出せばいいじゃん。俺すげえ適当に言ってるけど、絶対ダメだよね(笑)。

 「俺はコロナだ!陽性だ!」。売れようがないよね(笑)。

石野 どこまで話したっけ?

 え〜……忘れた。

石野 忘れるよね(笑)。忘れるのが何が悪いっていうか、だって俺たち何年やってると思ってんだっていう。俺たちいくつだと思ってんだって。あっ、先輩の話だ。レベッカの曲に入っていた「せんぱ〜い」っていう幽霊の声(※7)ね(笑)。

 「せんぱ~い」はレベッカじゃないでしょ。岩崎宏美じゃなかったっけ。

石野 それは「万華鏡」でしょ。「万華鏡」は「うぉ〜」っていうやつ(※8)。で、「レベッカの先輩」が──。

 そっち行くの? そっちの道、曲がるんだ?

石野 当時の東高のレベッカ先輩が闘莉王よろしく「集まれ〜!」って。「集まれ〜!」はケンタッキーのCMだったっけ?

 のちにCMになったけど──。

石野 CMからでしょ? そんなに「集まらせて」ねえと思うもん。あと、サッカー選手が「集まれ〜!」って言ってるのがのちにCMに使われるってなんだよっていう(笑)。

 そっか。そしたら、カズダンスみたいなものだもんな(笑)。

石野 あっ、そっちまで行く?

 同郷の先輩ね、一応(笑)。

石野 ちなみに俺、カズと同じサッカー部員で。

 違うだろ(笑)。

石野 それは嘘ですけど(笑)。

 卓球くんが行ってた高校の1個上にカズがいたんだけど、もう入学早々──。

石野 ブラジルに留学して。ブラジルのコーヒー農園に(笑)。それがのちのアントニオ猪木(※9)(笑)。アントニオ猪木の最初の芸名知ってる?

 「死神酋長」?

石野 リングネームね。あれを推したのが、実は力道山だったっていう。

 ……だから、カズは卓球くんの1個上なんです。名前が静岡中に轟き渡ったよね。

石野 「車」3つの「カーカーカー」で「カーズ」。それでできたのがゲイリー・ニューマンの「カーズ」(※10)。

 なるほど。のちにアニメになる「カーズ」ね。

石野 車が2台停めてあったとこに、こうやって縦列駐車で真ん中に入ってったの。それで「轟」っていう。しかも、「キー!」ってドリフトで停めて……それはどうでもいいんだけど。

 「轟」って言ったときにお前をちらって見たら、もう「そっちに行くな」って思ったもん。

石野 「外れるのはカズ、キングカズ」(※11)っていう。岡ちゃんが言ったのは「三浦カズ」だから違うけどね。「外れるのはカズ、キングカズ。そして、俺がキング」(笑)。岡ちゃんの有名なセリフね。わかる人いるのかな? あのころ生きてた人、全員死んでるだろ。

 「俺がキング」は言ってないから、わかるやつはいないと思う(笑)。

石野 「顔」の話に戻るけど、野球部の部室に呼ばれて、「1年全員足上げだ!」っていうのがあるじゃん。で、みんな足上げしてて、先輩が「端からひとりずつギャグを言って笑わせろ」っつって、ひとりずつギャグを言ってったんだけど、瀧が初っ端に「こんばんは、裕子と弥生です!」っつって、「馬鹿野郎! 連帯責任だ! もう1回最初からだ!」って。

 それ、「顔」の話と違うよね(笑)。

石野 ごめん。俺、別の話をし出しちゃった。

 かけるレコードを間違えたっていう(笑)。

石野 セカンドシングルのほうかけちゃった。

 DJとは思えないわ、ほんとに。

石野 バックスピンで(曲を)消して、1回無音を作ったほうがフロアが盛り上がるから。「どうしたんだ!?」っていう。

 待ってる感を出しながら。本当は自分が間違えたんだけど、「待たせてるんだぜ」っていう感じにして(笑)。わかる。俺もたまにライブで歌詞が歌えなかったとき、そうすることあるもん。

石野 音楽っていうのは1回失敗してすぐやり直すと、それは失敗なんだよね。それが、2回繰り返すと「音楽」になるんだよね。

 わかる。

石野 瀧くんはね、「ベートーベン」ってバンドをやってましたから(笑)。ヒット曲に「ジャジャジャジャーン」など(笑)。ベートーベンって「ジャジャジャジャーン」の一発屋だろって(笑)。

 「サビしか知らねえ、サビ始まりなんでしょ?」って(笑)。

石野 俺がかけたかったほうのレコードにしていい? また瀧の部室の話ね。瀧が闘莉王先輩に「集まれ〜!」って呼び出されて、で集まったんだよね。まず先輩の説教があります。1年生全員正座させられて、そこで「外れるのはカズ、俺がキング」っていうのがひとくさりあって(笑)。で、先輩が「ひとりずつお前らのダメなところを言ってく!」って言って。「まず〇〇、お前は……」って言っていって、そして瀧の番に「顔!」っていう(笑)。そのときに瀧と並んでる1年がみんな「ぷっ」って笑って、「何お前ら笑ってんだ! 足上げだ!」って(笑)。

 「顔!」って言われたときに顔を上げちゃって。

石野 はははは(笑)!

ピエール瀧

 まだ新入生で先輩は名前覚えてないからさ、たとえば石野ならここ(ユニフォームの胸の部分)に「石野」ってつけるわけよ。うしろを向いたときにわからないから背中にも「石野」っていう背番号みたいのを作って、そこに縫いつけるわけよ。もしくは、マジックで直で書くんだけど。それで「おい、瀧、お前は『顔』だから『顔』って書け!」って言われて。それはちょっと……っていう。

石野 って書いたの? 「それはちょっと」って(笑)。

 ずんのやす(笑)。

石野 ずんのやすのトークライブと同じ感じで、「それはちょっと」って(笑)。で、「おい! 『それはちょっとの顔』!」って呼ばれるんでしょ(笑)。

 っていうので、勘弁してもらった思い出があります。ポップ・ウィルの話、まったくしてないけどな(笑)。

※1 ポップ・ウィル・イート・イットセルフ(Pop Will Eat Itself):前身バンドのフロム・エデン(From Eden)、ワイルド・アンド・ワンダリング(Wild And Wandering)を経て、1986年にクリント・マンセル、アダム・モール、リチャード・マーチ、グラハム・クラブがイギリス・スタウアブリッジで結成したバンド。同年にシングル「The Poppies Say Grrr!」でデビュー。1989年、「Can U Dig It?」や「Wise Up! Sucker」といったシングルをヒットさせる。1996年に解散。2005年に一時的に再結成。2011年以降はグラハム・クラブを中心に新たなメンバーで活動中。

※2 デザイナーズ・リパブリック(The Designers Republic):1986年にイアン・アンダーソンとニック・フィリップスがイギリス・シェフィールドで設立したグラフィックデザインスタジオ。ポップ・ウィル・イート・イットセルフの作品や、オウテカ、エイフェックス・ツインなど、同郷のワープ・レコーズの作品のアートワークを手がける。

※3 バイアグラ・ボーイズ(Viagra Boys):2015年に結成されたスウェーデン・ストックホルムのポストパンクバンド。2018年にファーストアルバム『Street Worms』をリリース。2021年1月にセカンドアルバム『Welfare Jazz』をリリース。

※4 ポパイポパイ:電気グルーヴが1996年にリリースしたアルバム『ORANGE』の収録曲。

※5 集まれ〜!:田中マルクス闘莉王がケンタッキーフライドチキンのCMに出演した際のセリフを2010年に今野泰幸がものまねしてネタ化した。

※6 俺が畳だ!殿様だ!:人生の楽曲で畳三郎(ピエール瀧)の持ち歌。アルバム『顔として…』や『SUBSTANCE V』、『人生 ナゴムコレクション』に収録。電気グルーヴのライブでも披露されることがある。

※7 レベッカ「MOON」の「せんぱ~い」:1988年のシングル「MOON」で「せんぱ~い」という声が聞こえる部分があり、幽霊の声ではないかという噂が広がった。

※8 岩崎宏美「万華鏡」の声:1979年のシングル「万華鏡」のエンディングで男性のうめき声に聞こえる部分があり、幽霊の声ではないかという噂が広がった。

※9 アントニオ猪木:1943年生まれ、日本の元プロレスラー。13歳のときに家族でブラジルへ移住、コーヒー豆の収穫など過酷な労働をしていたという。「死神酋長」はテレビドラマ『チャンピオン太』(フジテレビ/1962〜1963年)での役名。

※10 ゲイリー・ニューマンの「カーズ」:イギリスのシンセポップアーティスト、ゲイリー・ニューマンのソロデビューシングル「Cars」(1979年)のこと。国内外でヒットし、彼の代表曲として知られている。

ゴミ捨て場から拾ってきたものがかっこよくなってる!」

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全18枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

天野龍太郎

Written by

天野龍太郎

(あまの・りゅうたろう)1989年生まれ。東京都出身。音楽についての編集、ライティング。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太