電気グルーヴに深く刻まれた哲学「君が捨てている部分が一番大事なところ」【Roots of 電気グルーヴ#6:Pop Will Eat Itself】



「ゴミ捨て場から拾ってきたものがかっこよくなってる!」

石野 で、このアルバム(『Box Frenzy』)ね(笑)。出たときにこれの何がすごかったかっていうと、当時サンプラーとかが出てきて、ロックバンドとヒップホップの融合っていって、ランDMCがエアロスミスとやったり(「Walk This Way」、1986年)とかっていうのあったじゃない。それのイギリス的解釈というか、それにもっとDIY精神があるっていうか。

RUN DMC - Walk This Way (Official HD Video) ft. Aerosmith

 いいとこはいただきっていう(笑)。

石野 で、それがすごくて。当時のイギリスだと、ボム・ザ・ベース(※12)とかさ、エス・エクスプレス(※13)とかさ、シカゴハウスがイギリスに行って生まれたイギリス版のアシッドハウスのサンプリングにはアナーキーな感じがあって。(ポップ・ウィル・イート・イットセルフは)それをまさにバンドとしてやってて。ギタリストとかもいるんだけど、バンドのメンバーの中にDJがいたりとか。

 編成がとにかく変わってるというかね。それこそ前回のデペッシュ・モードを見たときに、ボーカルとあと全員シンセでマルチトラックのテープが置いてある、みたいな編成にも衝撃を受けたんだけど。(ポップ・ウィル・イート・イットセルフは)ぱっと見たときに、ギター持ってるやつもいるし、DJブースもあるしっていうので、ちょっと持ってかれる感じがあったよね。

石野 その影響を受けて、「何も持たない」っていう。山崎方式で「何も足さない、何も持たない、何もしない」っていう(笑)。

 「もう死体でよくね?」っていう。

石野 「生きてる死体」だ。ゾンビ的な(笑)。

 「生きてる死体」いいな。

石野 腐らないっていう。

 腐らないって時点でゾンビ超えだもんな(笑)。

石野 日持ちするぞっていう(笑)。長期の輸送でも持つから、ツアーとかにもちょうどいい。まあ、それはいいわ(笑)。(ポップ・ウィル・イート・イットセルフは)ビースティ・ボーイズ(※14)とかの影響もあるんだよね。明らかにアメリカのヒップホップのグループとかとは違ったのがサンプリングソースで、俺がびっくりしたのが、「Hit the Hi-Tech Groove」(1987年)って曲があるんだけど、そのアダム&ジ・アンツ(※15)のサンプリングを聴いたときにどえらい衝撃を受けて。「そこありなんだ!」っていう。アダム&ジ・アンツとか、俺は中学生のころに聴いてて、そういうのはもう卒業したと思ってたんだけど、「それが使える」ってなったときに、自分が今まで持ってたレコード棚のレコードが全部楽器になる──。

 素材になるっていうね。

石野 パッカーンって開いた感じ。

 だからサンプリングってさ、JB(ジェームス・ブラウン)のブレイクビーツを持ってくるとかさ、クラシックなところ、レアグルーヴから持ってきて再発見するわけじゃん。

石野 ファンクとかそういうのが多かったんだけど──。

 そうじゃないっていう。

石野 ゴミから拾ってくる、みたいな感じ?

 「去年の『ジャンプ』から」みたいなさ(笑)。

石野 しかもこれに入ってるシングルで、これなんだけど。「Love Missile F1-11」。これはジグ・ジグ・スパトニック(※16)のカバーなんだよね。ジグ・ジグのオリジナル(1986年)がそんな立ってないっていうかさ、あれはジョルジオ・モロダー(※17)なんだけど、大風呂敷を広げた徒花みたいな感じがあったから。その再評価があるなんて俺は全然考えてなかったから、それをさらにかっこよくカバーしてるっていう衝撃と、さっきのアダム&ジ・アンツハンズっていうさ、「ゴミ捨て場から拾ってきたものがかっこよくなってる!」っていうさ。

 いじり半分みたいな感じもあるよね。

石野 まあ、酔っぱらいのバンドだから。それがやっぱすごい斬新だったっていう。

※12 ボム・ザ・ベース(Bomb the Bass):エレクトロニック・ミュージシャン、ティム・シムノンのステージネーム。「Beat Dis」(1987年)などのヒットで知られる。

※13 エス・エクスプレス(S’Express):1988〜1994年に活動した、アシッドハウスの代表的なグループ。代表曲は1988年の「Theme from S’Express」、「Superfly Guy」など。

※14 ビースティ・ボーイズ(Beastie Boys):1981年、ニューヨークシティで結成されたヒップホップグループ。前進はハードコアパンクバンド、ヤング・アボリジニーズ(The Young Aborigines)。

※15 アダム&ジ・アンツ(Adam & the Ants):1977年、ロンドンでアダム・アントを中心に結成されたニューウェーブバンド。シングル「Stand and Deliver」(1981年)などがヒット。ポップ・ウィル・イート・イットセルフは同曲を「Hit the Hi-Tech Groove」でサンプリング。

※16 ジグ・ジグ・スパトニック(Sigue Sigue Sputnik):1982年にロンドンで結成されたニューウェーブバンド。1986年のシングル「Love Missile F1-11」、「21st Century Boy」などのヒットで知られる。

※17 ジョルジオ・モロダー(Giorgio Moroder):1940年生まれ、イタリア出身の作曲家、プロデューサー。1970年代のディスコを代表するプロデューサーとして知られている。ジグ・ジグ・スパトニックの「Love Missile F1-11」はジョルジオ・モロダーがプロデュース。

徒花上等みたいな立ち位置


この記事の画像(全18枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

天野龍太郎

Written by

天野龍太郎

(あまの・りゅうたろう)1989年生まれ。東京都出身。音楽についての編集、ライティング。

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。