電気グルーヴに深く刻まれた哲学「君が捨てている部分が一番大事なところ」【Roots of 電気グルーヴ#6:Pop Will Eat Itself】



パンクのアティテュードでエレクトロニックを操る

石野 で、90年に来日してるんだよね。これ、ウチら行ったよね。

 行きましたね〜。(クラブ)クワトロですよ。

石野 渋谷のね。覚えてる? これ、土曜日だったんだよね。で、ポップ・ウィルが2ステージだったのよ。普通のコンサートの時間だったら7時ぐらいにスタートして終わるんだけど、さらにもう1本オールナイトでっていう2回まわしで、ひと晩に2本やってたのよ。それはもちろん、オールナイトのほうが絶対いいじゃん。だけどウチらは行けなかったの。で、早い時間(のライブ)だけ観て。

 あっ、土曜日だから?

石野 『オールナイトニッポン』(※25)だったのよ。それで、そのときの『オールナイトニッポン』で今日はこれを観に行ってきたって話したのを覚えてる。

 ステージを観たときに、両サイドにモニターを縦に積んでたのは覚えてる。やっぱこのビジュアルのイメージもあるからさ、楽しみにして観に行ってるじゃん。「どんなんなんだろうな?」と思ったら、当時ライブで映像をステージに取り入れるっていうのもまだそんななかったからさ。

石野 俺がこのときに覚えてるのは、当時はクリント・マンセルとグラハム・クラブってツインボーカルだったんだよね。ふたりボーカルがいて、それがかけ合いみたいな感じで、あとギターと、ドラム……いなかった気がするんだよな。

 ターンテーブルじゃなかったっけ?

石野 ターンテーブルと打ち込みとあとベースかな。とにかくそういうステージでやってて、クリント・マンセルがそのときステージでオーバーオールを着てたのよ。オーバーオールって、普通ここ(サスペンダー)を留めるじゃん。それを留めないで、前にべろんってやってベルトしてんのよ。片っぽだけ留めてて、片っぽだけびよーんってしてて。それがもうかっこよくて! しばらくそのあとずっとそれをまねして、そういう着こなしをしてた。ちなみにね、初期のポップ・ウィルって全部、作詞作曲が「ヴェステン・パンス(Vestan Pance)」っていう名前になってるのよ。これ、バンドのペンネームなんだって。

 あ〜、そうなんだ。バンドみんなで作ってるんだけど、別の名前でっていうことなんだ。

石野 そう。おもしろいじゃんっていう。酔ってやってんなって。クリント・マンセルは、このあと辞めちゃうんだよね。ちなみに、ポップ・ウィル・イート・イットセルフは96年に解散するんだよ。まあ、最近再結成してるんだけど、クリント・マンセルはずっと辞めたままで。実は彼は2000年代にアメリカに越して、映画音楽で大成するのよ。ダーレン・アロノフスキー(※26)、あの人の映画全部やってんのよ。

 マジで!?

石野 『レクイエム・フォー・ドリーム』。

 あれもそうなの!?

レクイエム・フォー・ドリーム

石野 そうそう。あと、それこそ『レスラー』。竹中直人の「♪それがレスラ~」じゃないほうね。あれ、最高だよな。あと『ブラック・スワン』とか。『攻殻機動隊』のハリウッド版(『ゴースト・イン・ザ・シェル』)とかもやってるのよ。

 なるほど! じゃあ、マーク・マザーズボー(※27)みたいな感じだね。

石野 ディーヴォのね。あの人もそうだし、あとSPKのグレアム・レヴェル(※28)とかもそうなんだよね。今ハリウッドで映画音楽やってて。で、ほかのメンバーは、ベントレー・リズム・エース(※29)ってあるじゃん。

 ベントレー・リズム・エース、俺好き。

石野 ファットボーイ・スリム(※30)とかさ、ビッグビート(※31)っていうのが流行ったとき、あれはポップ・ウィルのDJっていうか、打ち込みをやってた人が作ったユニットなんだよ。今も再結成して別のメンバーでやってたんだけど、ちょっとヘビーロック寄りになってたりとかして、正直ウチらが追ってたのはクリント・マンセルがいたときまでなんだけど。

 「軽くて」って言ったらちょっと変だけど、ちょっとイケイケでっていうやつね。

石野 そのへんの輩がサンプラーを使ってやって、パンクっぽいアティテュードでエレクトロニックを操る、っていうのの走りだよね。

 「考える前にもうやっちゃおうぜ!」みたいな感じのノリだったよね。

石野 そうそうそうそう。そういうのが、すごいよかった。パンクバンドだよね、感じとしてはね。ビースティ・ボーイズもハードコアバンドからヒップホップに行ったんだけど、それとはまたやっぱり違う。しかもバーミンガムっていうさ、ちょっとロンドンから離れた感じ。だから、ウチらも静岡だけど、なんかそれに近いっていうかさ。バーミンガムでもお茶が採れるかどうかはわからないけど(笑)。

 っていうか、イギリスのお茶はイギリスで採ってるわけじゃないから(笑)。

石野 あっ、そうなの? セイロン?

 そうでしょ。インド方面で採ってるんでしょ。

石野 ためになるよね〜。

 ためになりました? ありがとうございます(笑)。

※25 電気グルーヴのオールナイトニッポン:1991〜1994年に放送されたニッポン放送のラジオ番組。

※26 ダーレン・アロノフスキー:1969年、ニューヨーク生まれの映画監督。『レクイエム・フォー・ドリーム』(2000年)、『レスラー』(2008年)、『ブラック・スワン』(2010年)などの監督作で知られる。クリント・マンセルは、長編デビュー作『π パイ』(1998年)以降のアロノフスキー監督作のすべてで音楽を担当している。

※27 マーク・マザーズボー(Mark Mothersbaugh):1950年、アメリカ・オハイオ生まれのミュージシャン。ディーヴォのメンバーとして活躍したのち、多数の映画やゲームの音楽を担当している。

※28 グレアム・レヴェル(Graeme Revell):「グレーム・レヴェル」とも。1955年、ニュージーランド・オークランド生まれのミュージシャン。インダストリアルミュージックバンドSPKのフロントマンで、1990年代以降は映画音楽の分野で活躍した。

※29 ベントレー・リズム・エース(Bentley Rhythm Ace):1995年、イギリス・バーミンガムで結成されたエレクトロニックミュージックデュオ。メンバーはポップ・ウィル・イート・イットセルフのリチャード・マーチとマイク・ストークス。

※30 ファットボーイ・スリム(Fatboy Slim):1963年、イギリス・ロンドン生まれのミュージシャン、ノーマン・クックのステージネーム。代表曲は1999年の「Praise You」、「Right Here, Right Now」など。

※31 ビッグビート(big beat):1990年代に流行った音楽スタイル/ジャンルで、ブレイクビーツを中心としたエレクトロニックダンスミュージックのこと。ファットボーイ・スリムやケミカル・ブラザーズはその代表とされている。

無駄こそ無駄じゃない


この記事の画像(全18枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

天野龍太郎

Written by

天野龍太郎

(あまの・りゅうたろう)1989年生まれ。東京都出身。音楽についての編集、ライティング。

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。