電気グルーヴ、コンセプトの源になった言葉を明かす「陳腐なことを重ねていくとスーパー陳腐なものができ上がる」【Roots of 電気グルーヴ#5:Palais Schaumburg】

文=天野龍太郎 編集=森田真規


電気グルーヴの石野卓球とピエール瀧が、彼らの音楽的なルーツとなったアーティストについて語るトーク番組『Roots of 電気グルーヴ ~俺っちの音故郷~(仮)』。株式会社ビーアットによる「BE AT TOKYO」がサポート、同社が運営するコミュニティスペース「BE AT STUDIO HARAJUKU」で収録されている。

第1回のニュー・オーダー、第2回のDAF、第3回のダニエル・ミラーとミュート・レコード、第4回のデペッシュ・モードと、好評を博している同番組の最新回で取り上げるのはパレ・シャンブルグだ。

そして、石野卓球はこのバンドの初期主要メンバーだったホルガー・ヒラーから「(電気グルーヴの)キーとなるコンセプトを知った」という──。

このQJWebのテキスト版では、トーク中に登場する固有名詞の数々に注釈を付している。すでに動画を楽しんだ方でも発見があるはずなので、ぜひご一読を!

【関連】【『Roots of 電気グルーヴ ~俺っちの音故郷~(仮)』#4:Depeche Mode】観るなら絶対ベルリンがいい


主要メンバーの変遷

ピエール瀧 今日のテーマはなんでしょう?

石野卓球 はい。今回のテーマは、パレ・シャンブルグ(※1)です。パレ・シャンブルグは、彼らもね、ドイツのデュッセルドルフのバンドなんですよ。実はね、彼らは活動期間がすごい短くて。アルバムもね、オリジナルアルバムって3枚しか出てないんですよ。3枚あって、3枚とも主要メンバーが違うんだよね。

 ちょっと変わってるよね。

石野 変わってる。でね、3枚のアルバムがあって、どれもね、味が違うのよ。だから、ひと口に「パレ・シャンブルグが好き」って言っても、「どの時代の?」っていう。なんだけど、一般的にパレ・シャンブルグっていえば、このファーストアルバム(『Palais Schaumburg』)なんですよ。日本庭園のやつ。これ、有名なやつなんですけど。

Palais Schaumburg - Palais Schaumburg (Deluxe Edition) (Deluxe Edition) (Bureau B) [Full Album]

石野 これは最初のラインナップで、このアルバムで出る前に出たシングル(「Rote Lichter / Macht Mich Glücklich Wie Nie」、「Telephon / Kinder Der Tod」)とかもそうなんだけど。ツィックツァック(※2)っていうさ、ドイツの名門インディレーベルからで。

 (「Rote Lichter / Macht Mich Glücklich Wie Nie」の)7インチ、初めて見る。

石野 ファーストアルバムの頃のパレ・シャンブルグはホルガー・ヒラー(※3)って──これ(「Holger Hiller」1980年)もツィックツァックから出てるんだけど。ホルガー・ヒラーっていう人は、この(『Palais Schaumburg』のジャケットの)サスペンダーの人なんだけど。この人ね。

 ボーカルですよね。

石野 そう。この人がリーダーというか、音楽的な主導権を握ってた。

 顔となる人ですよね。

石野 うん。ホルガー・ヒラーはこのアルバムで辞めちゃうんだけど、このアルバムにいく前に──ほかのメンバーがFMアインハイト(※4)ってアインシュテュルツェンデ・ノイバウテン(※5)のメンバーの人がいたりだとか。あと、トーマス・フェルマン(※6)。(『Palais Schaumburg』のジャケットの)眼鏡の人がトーマス・フェルマンなんですけど。サン・エレクトリック(※7)とかさ──。

 のちに色々やってますよね。

石野 のちのジ・オーブ(※8)のメンバーですよ。あと、このときはいないんだけど、モーリッツ・フォン・オズワルド(※9)ってのちに入るメンバーは、そのあとベーシック・チャンネル(※10)とかモーリツィオっていうグループをやる人で。これは81年のアルバムなんだけど、のちのドイツのテクノシーンの中心人物となる人たちがすごい参加してるんだよね。

で、また彼らがデュッセルドルフでしょ。クラフトワークもデュッセルドルフだし、前に話したDAFもデュッセルドルフだもんね。デュッセルドルフはほかにもアタタック(※11)とかがあってさ、ベルリンとは違ったジャーマン・ニューウェーブの独特の町っていうか。

 モダンですよね、なんかね。

石野 クルップス(※12)とかもそう。「デュッセルドルフ」ってカタカナで(キーボードで)打つときに、すげー出しづらいんだよね。「デュッセ」って、もともと日本語の表現にないよね。「ッ」と「ュ」のちっちゃいのってさ。バヤリーズの昔みたいなのでさ。

 「バャリーズ」ね(笑)。

石野 ちなみに、ホルガー・ヒラーは俺と同じ誕生日なの。

 あっ、そうなの!?

石野 12月26日。あと、12月26日生まれは、グレート義太夫と、エスパー伊藤と、徳川家康と、毛沢東。

 なるほど。なかなかのもんすね(笑)。

石野 ビッグスモールンって感じでしょ。

 なかなかのラインナップじゃん。

石野 あと、小栗旬。だから、俺、小栗旬の生まれ変わり。

 なんでだよ(笑)。

石野 「なんでやろな~」。これ、何かっていうと、瀧さん。

石野卓球

 「なんでやろな~」。

石野 これ、赤井英和のモノマネ(笑)。「赤井英和さん、どうしてそんなにおっきくなっちゃったんですか?」っつって──。

 「なんでやろな~」。

石野 (笑)。

 これ、別バージョンもあるんだよな。

石野 ちょっと怒って言うやつ。

 「なんでやろな~!」。

石野 (アントニオ猪木の)「元気ですかー?」のトーンで言うやつもあったじゃん。

 「なんでやろなー!!!!!!」。自主錬バージョンもあるよな。

石野 自主錬バージョンって何?

 「赤井英和が『なんでやろな~』を自主練してたら」ってお前、録音してたじゃん。

石野 あ~! ひとりラジオドラマでしょ? 最初、赤井さんのところにアリさんマークの引越センターからCMの出演依頼がくるところから、っていう。

 「アリさんマークの? なんでわいなんや?」っていう(笑)。

石野 それを15分ぐらい、瀧がひとりでやる即興の──。

 ひとりコントみたいなやつね(笑)。

石野 コントなの(笑)?

 妄想だよね(笑)。それは、またいずれ発表します。

石野 なんの話だっけ(笑)?

 パレ・シャンブルグの話な。

石野 あっ、誕生日だ。君、4月8日生まれじゃん。4月8日もけっこう──。だって、お釈迦様でしょ。

 古いほうから言うと、千昌夫、桃井かおり、松本明子。

石野 みんな、お騒がせ系っていうか(笑)。

 そうなんだよ。そっからお騒がせするやつがつづくんだけど、ピエール瀧、沢尻エリカ、あと、ボビー・オロゴン。

石野 (笑)。

 あと、(カラテカ)入江(慎也)。後半4人全員、新聞に載ってるやつっていう(笑)。

石野 それで、ホルガー・ヒラーね。

 おお。ちゃんと戻ることもあるんだな(笑)。

石野 ホルガー・ヒラーがいたころのパレ・シャンブルグのファーストアルバム。これね、すげえ変わってんだよね。フライング・リザーズ(※13)ってイギリスのユニットがあって、そのデヴィッド・カニンガム(※14)がプロデュースしてるんだけど。

 バンド演奏ですけど、なんか引っかかりがあるよね。

石野 今聴くと、この人たちはファンクをやろうとしてたんだよね。だけど、手癖がすごくて、すごい奇っ怪なものになったっていう。レゲエなんかもさ、ジャマイカ人がロックンロールをやろうとしてたんだけど、手癖がすごくてああなったとか、そういうのって色々あるじゃん。訛りっていうかさ。

 車で言うと、こっちが六角形の車輪で、こっちが五角形の車輪で走るみたいな感じ。

石野 なんか歪(いびつ)な感じなんだけど、その違和感がすごく気持ちいいんだよね。やっぱりそれは、なんとなく偶然できたものじゃなくて、計算されたものだったりするんだけど。ちなみに、「Palais Schaumburg」って「泡の城」っていう名前なんだよね。あとね、こんなシングル(「Wir Bauen Eine Neue Stadt」1982年)も出てるんですけど。これ(『Das Single Kabinett』1982年)はシングルを集めたやつ。

 当時のさ、ドイツ国内およびヨーロッパでの評価ってどんなだったの?

石野 イギリスとかはわかんないけど、ドイツで聞く限りは、やっぱりジャーマン・ニューウェーブっていうのがムーブメントとして流行ってたから、その中の話題のグループだった。

 ふーん。じゃあ、キャリア古い人に「パレ・シャンブルグ、好きなんだよね」って言うと、「お~」ってなる?

石野 普通のヒットチャートに入るようなグループじゃないけど、トーマス・フェルマンだったり、モーリッツ・フォン・オズワルドが在籍したグループっていうことで、いわゆるクラブのほうのテクノシーンとかでは、みんな知ってるよね。

 なるほどね。

※1 パレ・シャンブルグ(Palais Schaumburg):1980年にドイツ・ハンブルクで結成されたジャーマン・ニューウェーブバンド。バンド名(フランス語)の由来は、首相府だったボンにあるシャウムブルク宮殿から。ティモ・ブルンク、ホルガー・ヒラー、トーマス・フェルマン、FMアインハイトで活動していたが、アインハイトがアインシュテュルツェンデ・ノイバウテンに参加するために脱退、ラルフ・ヘルトヴィグが加入。1981年、デヴィッド・カニンガムがプロデュースしたファーストアルバム『Palais Schaumburg』をリリース。その後、ヒラーが脱退し、モーリッツ・フォン・オズワルドとヴァルター・ティエルシュが加入。1982年にセカンドアルバム『Lupa』をリリース。1984年にインガ・フンペが参加したサードアルバム『Parlez-Vous Schaumburg?』をリリースしたのちに解散。

※2 ツィックツァック(Zickzack):1980年にドイツ・ハンブルクで設立されたインディペンデントレーベル。アインシュテュルツェンデ・ノイバウテンやディー・クルップス、ディー・テートリッヒェ・ドーリスらの作品をリリースし、アンダーグラウンドにおけるノイエ・ドイチェ・ヴェレ(ジャーマン・ニューウェーブ)の重要なレーベルになった。

※3 ホルガー・ヒラー(Holger Hiller):1956年、ドイツ・ハンブルク生まれのミュージシャン。1980~1981年にパレ・シャンブルグのオリジナルメンバーとして活動し、脱退後はソロアーティストとして活動。1984年にロンドンへ移住、ミュートから多数の作品を発表した。現在はベルリン在住。

※4 FMアインハイト(F.M. Einheit):1958年、ドイツ・ドルトムント生まれのミュージシャン。1981~1995年にアインシュテュルツェンデ・ノイバウテンのメンバーとして活動。ソロアルバム、コラボレーションアルバム多数。映画音楽の仕事でも知られており、最近ではファティ・アキン監督『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』(2019年)の音楽を手がけた。

※5 アインシュテュルツェンデ・ノイバウテン(Einstürzende Neubauten):1980年にドイツの西ベルリンで結成された実験音楽グループ。廃材などを使った自作の楽器、ドリルやチェーンソーといった建築機材を使ったノイズ、インダストリアルサウンドで知られる。ちなみに、石野卓球は彼らのシンボルである一つ目人間のタトゥーを入れている。

※6 トーマス・フェルマン(Thomas Fehlmann):1957年生まれ、スイス・チューリッヒ出身のミュージシャン。パレ・シャンブルグのオリジナルメンバーで、バンドの解散後はソロやサン・エレクトリック、ジ・オーブのメンバーとして活動。ケルンの名門エレクトロニックミュージックレーベル「コンパクト(Kompakt)」から多数の作品を発表。

※7 サン・エレクトリック(Sun Electric):1990年代に活躍したドイツ・ベルリンのエレクトロニックミュージックグループ。トム・スィエルとマックス・ローダーバウアーが主要なメンバーで、トーマス・フェルマンはエクゼクティブプロデューサーとして参加。

※8 ジ・オーブ(The Orb):1988年、アレックス・パターソンとThe KLFのジミー・コーティが結成したロンドンのエレクトロニックミュージックグループ。アンビエントハウスの先駆けで、現在に至るまで精力的に活動。トーマス・フェルマンも一時参加していた。

※9 モーリッツ・フォン・オズワルド(Moritz von Oswald):1962年、ドイツ・ハンブルク生まれのミュージシャン。ベーシック・チャンネルのメンバー。トーマス・フェルマンとの3MBや、近年はモーリッツ・フォン・オズワルド・トリオとしても活動。

※10 ベーシック・チャンネル(Basic Channel):1993年、ドイツ・ベルリンで結成された、モーリッツ・フォン・オズワルドとマーク・エルネストゥスのデュオおよびレーベル。ミニマル・テクノ、ダブ・テクノのパイオニアとして知られている。リズム&サウンド、モーリツィオ名義でも活動。

※11 アタタック(Ata Tak):クルト・ダールケらが1979年に設立したレーベル。ダールケがメンバーだったDAFやデア・プラン、ホルガー・ヒラー、アンドレアス・ドーラウ、ディー・テートリッヒェ・ドーリスらの作品をリリース。「【『Roots of 電気グルーヴ ~俺っちの音故郷~(仮)』#2:DAF】「君のことを考える」ってタイトルが沁みる」も参照。

※12 ディー・クルップス(Die Krupps):1980年にドイツ・デュッセルドルフで結成されたバンド。EBM、インダストリアル・メタルの先駆けとして知られている。2021年5月にカバーアルバム『Songs from the Dark Side of Heaven』をリリース。

※13 ザ・フライング・リザーズ(The Flying Lizards):1976年にデヴィッド・カニンガムを中心に結成されたイギリスのニューウェーブ/ポストパンクバンド。1979年にバレット・ストロングの「マネー」のカバーとデビューアルバム『ミュージック・ファクトリー(The Flying Lizards)』がヒット。1984年に解散。

※14 デヴィッド・カニンガム(David Cunningham):1954年生まれ、北アイルランド・アーマー出身のミュージシャン、プロデューサー。ディス・ヒートなどのロックから現代音楽、フリーインプロビゼーションまで、幅広いジャンルのアーティストとの共演、共作、プロデユースで知られる。

ホルガー・ヒラー、初来日公演の思い出


この記事の画像(全18枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

天野龍太郎

Written by

天野龍太郎

(あまの・りゅうたろう)1989年生まれ。東京都出身。音楽についての編集、ライティング。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太