空気階段もぐら「とっぱらいは振り込みの5倍価値ありますから!」との名言が出た『かまいガチ』(てれびのスキマ)


テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。

【関連】4時間遅刻し、2時間風呂に入る空気階段もぐら。芸人の狂気と優しさが見えた『水ダウ』


『かまいガチ』

様々なものをレースに見立て予想する「かまいガチ杯」。優勝者には賞金がその場で支払われると聞いて「とっぱらいは振り込みの5倍価値ありますから!」ともぐら。

第1レースは「テレ朝搬入口車種記念」。1枠ジャパンタクシー、2枠セダン、3枠ハイエースなど、次にテレ朝に入ってくる車の車種を当てるというもの。しっかり週4回搬入口を利用しているドライバーに予想してもらい「◎」「▲」などの印をつける作り込みっぷり。「時間帯的にお弁当の搬入がある」ため軽自動車が本命だと。

山内はトラック、もぐらは軽自動車、関町はハイエースと予想。テレ朝入口前の道路でテレ朝のほうに曲がるか、そのまま直進するかで一喜一憂する様がおもしろい。そんな中、たまたま武井壮が歩いてテレ朝にやってくる。まさかの「大穴のタケイソー!」と盛り上がる面々。もぐら「場が荒れすぎですって!」。

第3レースは「現場入りが早い誠実な奴は誰だ?記念」。和田まんじゅう、インディアンス田渕&きむの3人による深夜3時の偽特番『ドキドキ同期ドLIVE』の収録のためテレ朝にやってくる順番を当てるというもの。「2時だと疑われる。3時くらいならありえるってことですね」と笑う山内。

加えてボーナスチャンスとして着ている服の色も予想。マネージャーは、まんじゅうは「トリオの中で現場入りが一番早い、遅刻はまずない。よく着ているのは白い服」、田渕は「入り時間の20分前に入ることが多い。錦鯉の黒Tシャツ(恐らくハードコアチョコレートのもの)を愛用」、きむは「子供が生まれ5時半には起床 時間を持て余し早めに出る可能性」などと証言。

もぐらは、田渕が阪神巨人のTシャツ(これもハードコアチョコレートのはず)を着てると予想し「黒」を予想。山内は田渕→きむ→まんじゅうと順位予想し、服装は「硬い」という「白まんじゅう」にベット。

集合25分前に最初に田渕が登場。この時点で順位予想は当たる可能性があるのは山内のみに。しかも、Tシャツは白のコント赤信号Tシャツ(やっぱりハードコアチョコレート)で、もぐらの予想はハズレ。次にきむが来れば山内的中となるが、やってきたのは和田まんじゅう。しかも「黒まんじゅう」。1枚だけ持っている黒Tシャツをたまたま着てきたのだそう。山内「タケイソーから荒れてる!」。

絶妙なレース設定と、それを予想する過程で知るどうでもいい情報(田渕のハードコアチョコレート好きとか)がおもしろかった。

『キョコロヒー』

「バラバラ総選挙」1位になったサプライズ報告を振り返るふたり。喜びで涙目になってたヒコロヒーとずっと笑顔だった齊藤京子。

対称的なふたりだが「涙をこらえていた」と主張する齊藤。「私、涙こらえてるときとか、感情を爆発させるときって逆の感じになるんですよ。だから誰にも気づかれない」と。

一番泣きそうだったという箇所をVTRで再検証するも、一切涙はなく満面の笑み。LINEでもこのときのことを連絡しあっていたそうで「聞きましたか?」という齊藤京子のメッセージに「泣いた?」とヒコロヒー。齊藤「泣かなかったです」ヒコロヒー「ワシ泣いてもうたかもせえへん」齊藤「こっちは爆笑の嵐でした!」といったやり取り。やっぱり全然泣いていない。

いつもながら素っ頓狂な齊藤京子の言動に「……」となるヒコロヒーという構図がずっとおもしろい。


明日観たい番組:重岡大毅がゲスト『人生最高レストラン』など

『さんまのお笑い向上委員会』(フジ)「コロチキ・蛙亭コンビバランス問題」。

『ゴッドタン』(テレ東)「女装ほろ苦選手権」後編&未公開。

『人生最高レストラン』(TBS)に重岡大毅。

伊野尾慧・主演『准教授・高槻彰良の推察』(フジ)スタート。

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太