空気階段|正田真弘写真室「笑いの山脈」第8回

空気階段|正田真弘写真室「罰と珊瑚礁」第8回

文・撮影=正田真弘
編集=竹村真奈村上由恵


カメラの前に立ちはだかり、ネタの瞬間ものすごい存在感でエネルギーを放出するお笑い芸人。その姿はまるで気高い山のようだ。敬愛するお笑い芸人の持ちネタをワンシチュエーションで撮り下ろす、フォトグラファー正田真弘による連載「笑いの山脈」。本業はポカリスエット、カロリーメイト、どん兵衛、Netflixなど見たことある広告をいっぱい撮っている人。


空気階段「罰と珊瑚礁」

空気階段|正田真弘写真室「罰と珊瑚礁」第8回
空気階段|正田真弘写真室「罰と珊瑚礁」第8回

ダメ。ゼッタイ。といえば、令和時代は不倫、浮気の標語に思えるほど、
テレビ、週刊誌ではその大きな代償を背負った主人公が代わる代わる登場しているが、
執筆しているこの横で家事育児に奮闘している妻が視界に入っている今、
のちにこの連載を読むであろうことを少し想定してもう一度自分に言い聞かせたい。
不倫、ダメ。ゼッタイ。

腰を振るたびに海の珊瑚が1匹ずつ死ぬなど、罰を与えられた浮気男の話である
空気階段の名作コント、『クローゼット』。
この寓話のような奇想天外なコントにすっかりハマり、ほかにも空気階段のコントを数々観ては
インタビュー記事を読みあさった。
絵本に出てきそうな名前でもある、かたまりくんともぐらくん。
コンビ共に人としての味わい深さに惹かれ、大ファンになってしまった。

なんばグランド花月の劇場にライブを観に行ったのも
2021年数少ない遠出した思い出のひとつだ。
舞台の上でその存在感はずば抜けていたし、モテのゾーンに入っているように感じた。
万が一、一歩浮気へ踏み外しそうになっても
ふたりなら踏み留まるに違いない。
沖縄の珊瑚を守るために。


空気階段
水川かたまり(1990年7月22日生まれ、岡山県出身)と鈴木もぐら(1987年5月13日生まれ、千葉県出身)。吉本興業所属。東京NSCで出会い、2012年にコンビ結成。2016年に『マイナビ Laughter Night』(TBSラジオ)の第3回チャンピオンライブで優勝し、ラジオの冠番組を獲得。単独ライブ『anna』DVD好評発売中。


この記事の画像(全3枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

正田真弘

Written by

正田真弘

(しょうだ・まさひろ)1977年生まれ。東京造形大学卒業後、石田東氏のアシスタントを経て渡米。2008年、『IPA(International Photography Award)』のセルフポートレイト部門で金賞受賞。翌年帰国して以降は、グラフィック広告、テレビコマーシャル、雑誌連載等、幅広いジャン..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太