ハリウッドザコシショウ|正田真弘写真室「笑いの山脈」第6回

2021.5.14
ハリウッドザコシショウ|正田真弘写真室「笑いの山脈」第6回

文・撮影=正田真弘
編集=竹村真奈村上由恵


カメラの前に立ちはだかり、ネタの瞬間ものすごい存在感でエネルギーを放出するお笑い芸人。その姿はまるで気高い山のようだ。敬愛するお笑い芸人の持ちネタをワンシチュエーションで撮り下ろす、フォトグラファー正田真弘による連載「笑いの山脈」。本業はポカリスエット、カロリーメイト、どん兵衛、Netflixなど見たことある広告をいっぱい撮っている人。

ハリウッドザコシショウ「瞑想に浮かび上がるハンマーカンマー」

先日、露天風呂に入っているときのこと。

湯船に浸かりリラックスすればするほど自分の生き方、現在というものを考えてしまうから不思議だ。
風呂から上がるときには「やるなら今しかねぇ」とリラックスを飛び越えてまさに熱い状態になるのが常で、
そのときも同じく露天風呂から見える空を眺めながら軽い瞑想状態に入りハリウッドザコシショウさんのことを考えていた。

撮影も1カットであれば、被写体と対面して20分ほど終わってしまう現場もしばしばで、
その人柄に触れるにはあまりにも短い時間で終わってしまう。
今回の撮影も15分ほどではあったけれど、存在感の鋭さ、
撮りたいネタ「ハンマーカンマー」に関する言葉の短いやりとりや”間”、
曖昧なことは許されない空気。
写真撮影という静なる空間ではあったが、ハリウッドザコシショウさんの見えない牙は僕の心にしっかりと刺さった。

これほどにブレず、歩みをつづけられる強さ、自分に真似できるであろうか。 カウンターからメインストリームの頂にのし上がるこの姿、大切にしたい一枚となった。


ハリウッドザコシショウ
1974年生まれ、静岡県出身。SMA NEET Project所属。1992年、大阪NSC11期生として入学。コンビ活動ののち、ピン芸人として『あらびき団』(TBS)の初回から出演し「キング・オブ・あらびき」と称される。「誇張したモノマネ」という新しい笑いで2016年『R-1ぐらんぷり』優勝。2021年には同番組で審査員を務めた。


この記事が掲載されているカテゴリ

この記事の画像(全1枚)


正田真弘

ARTICLE LIST

正田真弘さんの関連記事一覧

正田真弘さんの
新着・人気記事をお知らせします。