INIメンバー総まとめ~許豊凡編~「ミステリアスな色気を放つマルチリンガル」

2022.2.26

文・編集=QJWeb編集部


サバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』で選ばれたメンバー11人(田島将吾、池﨑理人、木村柾哉、髙塚大夢、後藤威尊、尾崎匠海、藤牧京介、許豊凡、佐野雄大、西洸人、松田迅)によるボーイズグループ「INI(アイエヌアイ)」。

本記事では、2021年11月3日に『A』でデビューし、4月20日に2ndシングルの発売が決定している彼らをひとりずつ紹介。今回は許豊凡(シュウ・フェンファン)のプロフィールや魅力を紹介する。


『PRODUCE 101 JAPAN』とは?

PRODUCE 101 JAPAN』は、韓国の音楽専門チャンネルMnetで放送された公開オーディション番組『PRODUCE 101』の日本版シリーズ。オーディション応募者の中から番組開始までに101人の練習生が選出され、最終的には11人にまで絞られる。

オーディションのカギを握るのは、「国民プロデューサー」と呼ばれる視聴者の存在だ。評価ごとにネット上で投票が行われ、順位へダイレクトに反映されていく。単純に言うと、講師陣受けがいいだけではダメなのだ。パフォーマンスや練習風景など一つひとつのコンテンツで「応援したい」と国民プロデューサーに思ってもらうことが、チャンスを掴むために重要なのである。

INI(撮影=山口こすも)

許豊凡プロフィール

許豊凡(INI) (c)LAPONE ENTERTAINMENT

1998年6月12日、中国生まれ

メンバーカラー:紫

『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』での順位
1週目:7位
2週目:10位
3週目:10位
5週目:12位
6週目:14位
7週目:21位
9週目:19位
10週目:8位


キャッチフレーズは「韓国発の日本のオーディションでなんかやってる中国人」

101人の練習生の中から、番組進出者を決める「オンタクト能力評価」の動画で、キャッチフレーズを「韓国発の日本のオーディションでなんかやってる中国人」とつけた許。日本の大学に留学していたが、「大学でダンスを始め、初めてのステージをくれた日本でもっと大きなステージに立ちたい」と思い、『PRODUCE 101 JAPAN』への参加を決めたという。

そして番組スタート時には、下記のように意気込みを語っていた。

許豊凡

改めて、異国の地で僕の夢の一つを叶わせて頂いて、ありがとうございました。自分はまだ未熟なところがたくさんあって、実力もまだまだですが、このオーディションを通じて、そんな自分と向き合って、どんどん成長していきたいと思います。僕の成長を是非見てください! 応援、よろしくお願い致します!

【連載】PRODUCE 101 JAPAN SEASON2 REPORT ♯1より

圧倒的な表現力を持ったマルチリンガル

QJWebでは、ファイナリスト21名が決定した直後にツイッター上で「#PRODUCE101JAPAN2_QJWeb」のハッシュタグを用いたキャンペーンを実施。その際にツイートされた声を交えて許の魅力を紹介する。

日本と中国の懸け橋に!何色も魅せられるマルチリンガル
中国語・日本語・英語・韓国語を使いこなす、許豊凡。パフォーマンスではかわいいもカッコいいも儚いも使いこなし、「もはや表現できないテーマはないのでは?」と思わせるほど。ステージでの圧倒的な表現力には「自分の見せ方がわかってる」「カラフルなパフォーマンスから目が離せません」と、国プから特大のお墨つき!

【連載】PRODUCE 101 JAPAN SEASON2 REPORT ♯4より

グローバルな活動へのきっかけに

デビュー直後に掲載したインタビューで、「INIのメンバーとして、どのようにグループに貢献していきたいですか?」と聞かれた際に、「グローバル要素でグループを引っ張っていきたい」と答えた許。言語の面だけでなく、これまでいろんな国で生活してきたことを活かしたいと語った。

僕がINIに貢献したいと思うポイントはふたつ。ひとつ目は、僕のボーカルが曲のスパイスになったらいいな、と思ってます。実力はまだまだなんですけど、歌のうまい3人とはちょっと違う歌い方なので。ふたつ目は、グローバル要素でグループを引っ張っていきたいです。国籍や言語のこともそうですけど、いろんな国で生活したことがあって、これまでにいろんな人や文化と接触してきているので、僕がいることでINIの多様性の幅が広がるきっかけになれたらうれしいです。

INIインタビューより

【関連】INIメンバーまとめ記事一覧


この記事の画像(全7枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

QJWeb編集部

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太