『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』がいよいよスタート!選抜された60名の写真&コメントを公開

文=坂井彩花 編集=森田真規


2019年、社会現象を巻き起こしたオーディション『PRODUCE 101 JAPAN』。同番組のシーズン2が4月8日、ついに始まります。そこでQJWebでは、『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』を定期的にウォッチする連載をスタート。

今回は『PRODUCE 101 JAPAN』についておさらいすると共に、101名の練習生から選抜された60名が発表された2021年4月1日にGYAO!で配信された『練習生60名決定!レギュラー配信事前予習SP』の内容について振り返っていきます。

さらに記事の最後には、練習生60名の意気込みコメントを写真と共に掲載。4月8日の初回放送に向けて、“国民プロデューサー”として万全の準備をしておきましょう。


『PRODUCE 101 JAPAN』とは

『PRODUCE 101 JAPAN』は、韓国の音楽専門チャンネルMnetで放送された公開オーディション番組『PRODUCE 101』の日本版シリーズ。オーディション応募者の中から番組開始までに101人の練習生が選出され、最終的には11人にまで絞られる。2019年4月から12月かけて行われたシーズン1では、勝ち抜いたメンバーが「JO1」としてデビューした。

オーディションのカギを握るのは、「国民プロデューサー」と呼ばれる視聴者の存在だ。評価ごとにネット上で投票が行われ、順位へダイレクトに反映されていく。単純に言うと、講師陣受けがいいだけではダメなのだ。パフォーマンスや練習風景など一つひとつのコンテンツで「応援したい」と国民プロデューサーに思ってもらうことが、チャンスを掴むために重要なのである。

シーズン2のポイント

『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』を語るポイントは、大きく分けてふたつある。ひとつ目は、セルフプロデュース能力が大きく試されている点だ。シーズン1でもmystaを使用しての自己アピールは行われたが、それは番組がスタートして練習生の人柄がなんとなく見え始めてからのこと。

シーズン2に関しては、101人から60人に絞る段階でオンタクト能力評価を採用。PRやパフォーマンス、練習生日記、TikTokなどのコンテンツにより、オンラインでのコミュニケーションが頻繁に行われている状況で国民プロデューサーに選ばれる力が試されている。

ふたつ目は、グローバルな視点を強く意識している点だ。シーズン1においても“新時代のグローバルボーイズグループ”を謳ってはいたが、シーズン2ではその色がより濃くなっている。前回同様、海外から参加している練習生がいることはもちろん、トレーニングもより洗練されたシステムへと移行。世界へ羽ばたく才能を見つけ出し育成していく、という気概が強く反映されている。

「練習生が気になる練習生TOP3」各部門を紹介

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全70枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

ライター_坂井彩花

Written by

坂井彩花

(さかい・あやか)1991年、群馬県生まれ。ライター、キュレーター。ライブハウス、楽器屋販売員を経験の後、2017年にフリーランスとして独立。『Rolling Stone Japan Web』『Billboard JAPAN』『Real Sound』などで記事を執筆。エンタテインメントとカルチャーが..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太