結成から、300日。JO1が放つ“スターライト”――アルバム発売とオンライン単独ライブの発表&取材会を徹底レポート

2020.10.5

文=坂井彩花 編集=森田真規


サバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』を勝ち抜き、101人の練習生から選抜されたグローバルボーイズグループ「JO1(ジェイオーワン)」。コロナ禍で活動が制限されているにもかかわらず、現実に屈することなくその活動の幅を広げてきた。

そして結成から300日目にあたる2020年10月5日、彼らは1stアルバム『The STAR』のリリースとオンライン単独ライブ『STARLIGHT』の開催を発表した。

この記事では、概要発表&取材会の様子をお伝えすると共に、新グッズやアルバムの詳細、衣装の魅力について触れていく。


それぞれが素顔をのぞかせた会見

この日、進行を務めたのは吉本興業の先輩にあたる、かまいたち。メンバーが登場する前から山内は「JO1は裏表なく礼儀正しい。吉本が初めて正解を出したパターン」などと話し、お気に入りの様子だった。

JO1が歩んできた7カ月間を集約したムービーが流されると、リーダーの與那城奨を先頭に新衣装に身を包んだメンバーが入場。生声で「Go To the TOP! JO1です」と元気な挨拶を響かせ、取材会をスタートした。

デビュー当時に比べると、リラックスした様子を見せる11人。脚をガッと開いて座っていても手は膝の上に添える川尻蓮、かまいたちのボケにクシャッとした笑顔を浮かべる河野純喜、一生懸命に話す豆原一成を見て微笑む鶴房汐恩など、普段の様子をのぞかせる。

かまいたちの濱家に「今まで会った中で、正真正銘この人スターだなって方はいましたか」と尋ねられると、河野は「かまいたちの山内さん」と返答。「おーい!」と勢いのいいツッコミが入った。「じゃあ、(佐藤)景瑚は?」とパスが渡ると、「お世話になっていて、おもしろくて、『ネプリーグ』でお世話になった……ミルクボーイさん!」とオチのあるアタックを繰り出す。この数カ月の間に、自身の番組などを経てトークスキルが上がったことを印象付けた。

山内に「(大平)祥生くん、(アルバムには)どんな曲が入ってるんですか?」と尋ねられると、大平は「1stシングルと2ndシングルの収録曲以外に、僕たちが『PRODUCE 101 JAPAN』のコンセプト評価で披露した「やんちゃ BOY やんちゃ GIRL」や「Happy Merry Christmas」などを含む、新曲が7曲入っています」と解答。納得のいく仕上がりだったようで、満足そうな表情を浮かべた。

「リード曲のセンターは誰?」という質問に「僕です!」と川西拓実。「センターに決まってうれしいと同時に責任感がこれまで以上に芽生えて。緊張感を持って練習できたと思います」と、うれしそうにはにかんだ。ダンスについて聞かれた際には「星をイメージした振り付けです」と答え、佐藤に「ここでパッと(呼び方を)考えればいいんじゃないの?」とムチャ振りされ、「スターダンス!」と命名していた。センターに決まった連絡はスッとLINEで入ってきたというのだから、本当に驚きである。

アルバムの話で、與那城が「今回は初めての試みで、3人から4人に分かれてジャケット写真を撮影したので、チェックしてほしい」と告げると、濱家が「(誰の盤が)どれだけ売れたかわかるってことやんな?」とイジワル発言。與那城が「ギクシャクしました!」と乗っかると、川尻が「してません(笑)」と勢いよく否定していた。

JO1/2020年10月5日、esports銀座studioで実施されたマスコミ向け取材会より

前半は胸に手を当てて少し緊張しているように見えた木全翔也も、アルバム特典の説明が終わるとリラックス。「終わった~」と安心した表情を浮かべる彼に、與那城がグーサインを送る。

いったん休憩を挟み、質疑応答へ。記者から繰り出される質問に対し與那城が答えるメンバーを指名したり、自らメンバーが手を挙げたりして進んでいった。

メンバーの輝いていたところという話題では、「ダンスもそうだけど、歌のレベルが格段に上がった。自分の歌い方+気持ちの表現ができるようになった」とうれしそうな與那城。プライベートで輝いていたエピソードを求められた際は、金城碧海が白岩への憧れを告白。「現場入りするとき、瑠姫くんはサングラスをつけてカバンを片手で背負って、『うっす』って入って来てかっこいい。マネしようかな」と語ると、白岩は「うれしい。ありがとう」と恥ずかしそうにほほ笑んだ。

衣装の話で河野に「純喜くん、かっこいいよ」と木全が話しかけると、「自分もかっこいいって返してほしかったんでしょ?」とからかう佐藤。その後は、「お前もかっこいいよ」とお互いに褒め合っていた。

概要発表&取材会は1時間弱と短かったが、それぞれの素顔をのぞけた濃密な時間となった。

コンプリート必須な1stアルバム『The STAR』


この記事の画像(全5枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

ライター_坂井彩花

Written by

坂井彩花

(さかい・あやか)1991年、群馬県生まれ。ライター、キュレーター。ライブハウス、楽器屋販売員を経験の後、2017年にフリーランスとして独立。『Rolling Stone Japan Web』『Billboard JAPAN』『Real Sound』などで記事を執筆。エンタテインメントとカルチャーが..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太