INIメンバー総まとめ~木村柾哉編~「みんなの頼れるお兄ちゃん」

2022.2.5
KIMURA MASAYA

文・編集=QJWeb編集部


サバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』で選ばれたメンバー11人(田島将吾、池﨑理人、木村柾哉、髙塚大夢、後藤威尊、尾崎匠海、藤牧京介、許豊凡、佐野雄大、西洸人、松田迅)によるボーイズグループ「INI(アイエヌアイ)」。

本記事では、2021年11月3日に『A』でデビューした彼らをひとりずつ紹介。今回はリーダーの木村柾哉(きむら・まさや)のプロフィールや魅力を紹介する。


『PRODUCE 101 JAPAN』とは?

PRODUCE 101 JAPAN』は、韓国の音楽専門チャンネルMnetで放送された公開オーディション番組『PRODUCE 101』の日本版シリーズ。オーディション応募者の中から番組開始までに101人の練習生が選出され、最終的には11人にまで絞られる。

オーディションのカギを握るのは、「国民プロデューサー」と呼ばれる視聴者の存在だ。評価ごとにネット上で投票が行われ、順位へダイレクトに反映されていく。単純に言うと、講師陣受けがいいだけではダメなのだ。パフォーマンスや練習風景など一つひとつのコンテンツで「応援したい」と国民プロデューサーに思ってもらうことが、チャンスを掴むために重要なのである。

INI(撮影=山口こすも)

木村柾哉プロフィール

木村柾哉(INI) (c)LAPONE ENTERTAINMENT

1997年10月10日、愛知県生まれ

メンバーカラー:黄色

『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』での順位
1週目:1位
2週目:2位
3週目:1位
5週目:1位
6週目:1位
7週目:2位
9週目:2位
10週目:1位

キャッチフレーズは「国民の息子23(トゥエンティスリー)」

101人の練習生の中から、番組進出者を決める「オンタクト能力評価」の動画で、自身のキャッチフレーズを「国民の息子23(トゥエンティスリー)」とつけた木村。そんな木村は、シーズン1の練習生を観て応募を決めたという。

そして番組スタート時には、下記のように意気込みを語っていた。

木村柾哉

国民プロデューサーの皆様、お久しぶりです。柾哉です!:) オンタクト能力評価から時間が空きましたが待っていてくれて本当にありがとうございます! 皆様の応援はデビューして何億倍にしてでも返していきたいので、今後とも是非応援よろしくお願い致します! ちょあ

【連載】PRODUCE 101 JAPAN SEASON2 REPORT ♯1より

世界を恋に落とした逸材

QJWebでは、ファイナリスト21名が決定した直後にツイッター上で「#PRODUCE101JAPAN2_QJWeb」のハッシュタグを用いたキャンペーンを実施。その際にツイートされた声を交えて木村の魅力を紹介する。

テーマ曲でセンターを務め、世界を恋に落とした逸材
最初のレベル分け評価ではBクラスになるも、努力を重ね「Let Me Fly~その未来へ~」ではセンターに選出された木村柾哉。全バトルでリーダーも務めた、練習生の頼れるお兄さん的存在だ。「笑顔で最高のパフォーマンスをする姿に感動した」と、重圧に負けることなく最上級のパフォーマンスを作り出す姿勢に多くの国プが励まされている。

【連載】PRODUCE 101 JAPAN SEASON2 REPORT ♯4より

韓国合宿で感じたメンバーの成長力

圧倒的なダンススキルで国民プロデューサーだけでなく、練習生からも一目置かれていた木村。デビュー決定後の韓国合宿では、メンバーのダンススキルの向上を感じていたという。

それぞれの対応能力がぐんと上がりました。毎回フォーメーションの立ち位置に番号をつけるんですけど、記録で撮影して通すときとか練習時と立ち位置が変更になることがあるんです。「0.5内側で」「1.5に変更で」といった指示が出たときに、みんなすぐに対応できるようになった。なかなかできることじゃないので、すごいことだと思ってます。振り付けでも細かい角度など、以前より意識してできるようになってきました。この数カ月でダンスのレベルが、全体的にぐんと上がったと思います。

INIインタビューより

掃除で貢献したい

デビュー直後に掲載したインタビューで、「INIのメンバーとして、どのようにグループに貢献していきたいですか?」と聞かれた際には、ほかのメンバーがまじめに答えるなか、木村は「掃除担当」と回答。まわりを和ませる一面も見せていた。

僕もリーダーっていうポジションは大前提。ほかのことだと、掃除で貢献したいと思います! スタジオとかにポロッと落ちているゴミを見つけるのが特技なんです。「落ちてるよ」「捨ててね」ってメンバーによく言ってるので、掃除担当かな(笑)。

INIインタビューより

目標はドームツアー

インタビューでは、リーダーとして今後の展望もコメント。国内だけでなく世界で活躍したいと語ってくれた。

もっともっと大きくなりたいです。デビュー前の今は『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』を観てくださった人たちが僕らを知ってくださっていると思うんですけど、デビューしてからはいろんなところでいろんな方に知っていただく機会が増えると思うので。いずれはドームツアーもやりたいです。大きな会場で、演出にもこだわってライブがしたいな。グローバルで活躍することも実現したいです。語学力に関して豊凡に頼り切りな部分があるので、コツコツと勉強を重ねて目標達成に向けて動きたい。

INIインタビューより

【関連】INIメンバーまとめ記事一覧


この記事の画像(全7枚)


この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

QJWeb編集部

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。