『M-1グランプリ2021』決勝進出9組がついに決定!注目のコンビと共に一挙紹介!



初の準決勝から勢いそのままに勝ち上がった真空ジェシカ

真空ジェシカ
真空ジェシカ『クイック・ジャパン』vol.154より(撮影=日吉永遠)

【関連】若き大喜利強者、真空ジェシカは「面白い」の解を見つけたい

お笑いイベント『AUN〜コンビ大喜利王決定戦〜』で3連覇するなど、これまで大喜利の場で活躍してきた真空ジェシカ。今年はついに漫才でもその抜群のセンスを見せつけ、『M-1』決勝進出を果たした。『クイック・ジャパン』vol.154に掲載された過去のインタビューでは、自身の漫才のスタイルについて語っている。

川北:しゃべくり漫才はかっこいいですけど、結局もっとバカバカしいのが好きなんですよね。だったらさっさと設定に入っちゃったほうが自由にできるんで。地下ライブでもM‒1みたいなところでもバカバカしいやつはすごいウケるんで、なるべくそういうやつをやっていたいなとは思います。

ガク:僕たちは「こういうネタをする人たち」っていうのがないから。

同期の空気階段につづけるか、オズワルド

オズワルド
オズワルドインタビューより(撮影=長野竜成)

【関連】オズワルド「もっと売れたかったって言って死ぬと思う」M-1決勝連続進出、まだ届かない“これまでと違うチャンピオン”

【関連】ダブルボケから始まったオズワルド。M-1決勝2年連続進出して今もなお芸人仲間とルームシェアをつづける理由とは

3度目の挑戦となるオズワルドは悲願の優勝を目指す。ふたりは5位に終わった昨年の『M-1』後、すぐに単独公演を開催し、次に向けて動き出していた。

畠中:単独って、自分らがおもしろいと思ってるやりたいことを全部詰め込める場所だと思っているので、すごく楽しみだし、いいものを作りたいなと思います。
伊藤:勝負ネタ作る場所でもあるので、そこは一切手を抜かず。
畠中:ここでできたネタを、M-1決勝でやりたいなって。結果的にやっぱダメだったってなる可能性もゼロではないですが。
伊藤:単独で「今年のM-1はこういう感じでいこう」というのが掴めたら、それを見ていただけたらと思います。

トイレの水を飲むなど、圧倒的な“地下”を生き抜いてきたランジャタイ

ランジャタイ
ランジャタイインタビューより(撮影=加瀬健太郎)

【関連】NSCはクビ、ソニーで唯一受けた仕事は子役オーディション。ランジャタイの“奇天烈事務所遍歴”と“壮絶なフリー時代”

【関連】ランジャタイ、トイレの水を飲む生活から、自販機のボタンを押せるようになるまで。お笑いスターへの憧れと目標

これまで5つ以上の事務所を受け、過酷なフリー時代を経験し、転々としてきたランジャタイ。今では多くのお笑いファンを虜にし、メディア露出も増えてきた。しかし、そんなふたりがあくまで見据えるのは『M-1』優勝と決勝でスベること?だった。

伊藤:僕は『M-1』優勝ですね。
国崎:俺は『M-1』の決勝行って、信じられないぐらいスベることですね(笑)。せり上がりから、機械の故障で止まっちゃって、変な空気になって、「もう一回やりまーす」ってなって、何回やってもうまくいかないところからスタートして(笑)。審査員も普通に「つまんない」とか言っちゃって。そういうのが楽しそうですね。
伊藤:いやいや楽しくないよ、絶対にイヤだよ。

『M-1』史上初!50歳での決勝進出を決めた錦鯉

錦鯉(左:長谷川雅紀 右:渡辺隆)
錦鯉、M-1グランプリ準決勝レポートより(撮影=長野竜成)

昨年につづき、今年も決勝進出最年長記録を更新した長谷川雅紀。そして、その陰に隠れがちだが渡辺隆もすでに43歳。そんな渡辺は、さらにVTuberの大ファンという一面を持つ。以前行ったインタビューでは、VTuberの魅力を熱弁していた。

渡辺:YouTubeを開きっぱなしにしているので、休みの日とかはずっとつけてるかな。配信終わると次のに飛んだりするので、そのまま観たりしてますね。
自分でも何が好きなのかわかんない(笑)。突き詰めたら、女の子がわちゃわちゃしているのを観ながら酒飲むのが好きなのかなって思いましたけどね。ほんと、普通に笑いながら観ています。

17代目王者の座を手にするのはいったい誰なのか。『M-1グランプリ2021』決勝戦は、テレビ朝日で12月19日(日)夜6時34分より放送される。


この記事の画像(全5枚)


この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

QJWeb編集部

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。