M-1

M-1

『M-1グランプリ』(エムワングランプリ)は、吉本興業と朝日放送テレビ(ABCテレビ)が主催する日本一の若手漫才師を決める大会。通称「M-1」で、名称は漫才(MANZAI)の頭文字を取ったもの。

2001年に島田紳助が企画、吉本興業の主催で、結成から10年以内の若手漫才師を対象としたコンテストとしてスタート。第10回(2010年)で終了したが、2015年に復活し、毎年12月に開催されている。出場資格が結成から15年以内に拡大された。優勝者には賞金1000万円が贈られる。

芸歴、所属事務所、プロ・アマチュアの制限はないため、結成年数の資格さえ満たしていれば、アマチュアやプロ同士のユニットも出場できる。

番組は朝日放送テレビ(ABCテレビ)が制作し、ABCテレビ・テレビ朝日系列で放送を行っている。決勝戦は全国ネットのゴールデン枠で生放送されることから、本大会をきっかけにブレイクしたコンビも多い。

2021年の決勝戦は12月19日(日)に行われ、錦鯉が17代目のチャンピオンとなった。

【『M-1グランプリ2021』決勝進出者】
インディアンス、真空ジェシカ、モグライダー、ゆにばーす、ロングコートダディ、オズワルド、錦鯉、もも、ランジャタイ

【歴代優勝者】
2001年/中川家
2002年/ますだおかだ
2003年/フットボールアワー
2004年/アンタッチャブル
2005年/ブラックマヨネーズ
2006年/チュートリアル
2007年/サンドウィッチマン
2008年/NON STYLE
2009年/パンクブーブー
2010年/笑い飯
2015年/トレンディエンジェル
2016年/銀シャリ
2017年/とろサーモン
2018年/霜降り明星
2019年/ミルクボーイ(優勝インタビュー
2020年/マヂカルラブリー(優勝インタビュー
2021年/錦鯉

M-1
に関する記事一覧

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太