「女らしさ」を爆破した石岡瑛子、「理想の女」を演じた江戸の和装男子──ファッション&広告から読み解くジェンダー観の歴史

2021.1.13


江戸時代の和装男子に見る、ファッションとジェンダー観

石岡瑛子はパルコでの仕事において「日本の女性は女性であることを本当はエンジョイしていない」と語り、ファッション広告を通じて女性をエンパワメントしていった側面があった。こうしたファッションとジェンダー観の関係は、時代や性別を超えて見られる。

太田記念美術館の『和装男子 ─江戸の粋と色気』でも、江戸時代の男性の着こなしを描いた浮世絵から、当時のジェンダー観を読み解ける。

ファッションとジェンダー観の関連を真正面から描いているのは「若衆(わかしゅう)」を中心とした風俗画だ。若衆は男色の対象となった男性のことで、江戸時代前期には前髪を残した美少年が愛された。解説を見なければ、女性と見紛ってしまう装いは、“女性以上に女性らしくて”美しい。一方で、少し意地悪な言い方をすれば、男性のファンタジーを表象しているようでもある。

実際に、歌舞伎役者は「江戸随一のファッションリーダー」とされ、理想の女性像を演じる女形の着こなしもまた女性風俗に影響したという。若衆の装いは美しく、娯楽が少なかった時代に歌舞伎役者がファッションリーダーになった必然性も理解はできる。しかし、江戸時代の女性たちが、自分たち自身でファッションを“作る”機会はなかったのだろうかと、疑問が湧いたのも事実だ。

その後、時代のニーズに合わせて、愛らしい若衆は風俗画から姿を消し、勇み肌の男性が浮世絵で描かれるようになる。

当時の浮世絵師が「今」を描いたら、どのような絵になるのだろう。彼らの視点から俯瞰した現代を見てみたくなった。

ファッションという切り口からジェンダー観をドラスティックに更新する際には、広告や歌舞伎役者といった“メディア”の力が大きい。しかし、インターネットが発達した現代においては、草の根レベルからの働きかけも、世の中を動かすに足る力を持っている。

世の中のジェンダー観を動かそうなどという大きな志は必ずしも必要ないけれど、まわりの目を憚らず、自分の着たい服を着ることが生きやすい社会の一助となることは確かだ。


この記事の画像(全2枚)




関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

佐々木ののか

(ささき・ののか)文筆家。「家族と性愛」をテーマとした、取材・エッセイなどの執筆をメインに、映像の構成・ディレクションなどジャンルを越境した活動をしている。2020年6月25日に初の著書『愛と家族を探して』(亜紀書房)を上梓した。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太