テレ東『ピラメキーノ』幻の最終回が実現、レッドシアターズ感動の大合唱も

2020.7.8

感動のレッドシアターズ大合唱とピラメキパンダの秘密

「サシャナゴン寄席」が終わり、はんにゃとフルーツポンチのゲーム対決も終わると、「『ピラメキーノG』最終回を惜しんで僕らの仲間が会場に駆けつけてくれた」と金田。呼び込みとともに登場したのはしずる。

しずるの池田一真(左)、村上純(右)。

しずるのふたりも自分たちが大ブレイク中の2011年だと信じて疑わないため、当時出演していたテレビドラマや映画のエピソードを自慢げに披露するも、「池田さん、結婚の報告するのファミマのラジオ(※『ファミよし“笑顔の宅配便”』)ですよ」(溜口)、「そもそも全員まとめて、チケットの売上がいちテレビ局員(佐久間宣行)に負けてるからな」(平子)と2020年視点からツッコまれてしまう。
それに対し2011年視点の芸人たちは、「佐久間って……佐久間一行さんのこと?」「『ピラメキーノ』の裏方さんでしょ?」「佐久間(宣行)さんは根暗だから」「こんなオールナイトニッポンのパーソナリティは嫌だ、って大喜利してるの?」と口々に言った。

その流れから絶妙に古いネタ大喜利が始まり、2011年ごろの話題として「ペタジーニが友達のお母さんと結婚した」(しずる村上)、「黒船って言ってリア・ディゾンが来た」(池田)と明らかに2011年ではなさそうなネタがつづくが、亘が「朝青龍が引退」と普通に2011年に近そうなネタを放り込んだせいで場が変な空気に。しかしその後、フルポン村上が「一生懸命が評価してもらえるのって、10代のころだけですか?」と誰も拾い切れないボケを入れたことで大喜利が終了した。

はんにゃ、フルーツポンチ、しずるの3組による『風になりたい』大合唱。

最後は、彼らがレッドシアターズとしてデビューした曲でもある2009年『お台場合衆国』のイメージソング『風になりたい』を歌い上げ、会場は感動の渦に巻き込まれたのであった。

と思いきや、今回舞台転換時に登場していた『ピラメキーノ』のマスコットキャラクターであるピラメキパンダが再登場。会場全体は無音のまま不穏な空気が流れ、出演者たちもその事態に動揺するも、着ぐるみの頭部をゆっくりと外すピラメキパンダ。

頭部を外すピラメキパンダ

中から登場したのはGO!皆川。誰もが動揺するなかで唐突に「ウンチョコチョコチョコピー」ネタを披露し、皆川のドアップの映像で配信は終了した。

唐突なウンチョコネタでの締めくくりにより、視聴者からは「集団幻覚を観たのかもしれない」と言われていた。

そもそも実は『ピラメキーノ』放送時もピラメキパンダの中に6年半入っていたのはGO!皆川であり、その頃からウンチョコネタを披露している。つまり『ピラメキーノ』をよく知る視聴者からすれば、登場の仕方はさておき、皆川の登場自体は不自然なことではなかったはずだ。

今回生配信された『生勇者ああああ』の一部内容は、7月30日(木)と8月6日(木)に『勇者ああああ』で放送が予定されている。


この記事が掲載されているカテゴリ

この記事の画像(全27枚)


  • 番組情報

    『勇者ああああ』
    毎週木曜深夜1:30〜テレビ東京ほかで放送中。


ARTICLE LIST

鈴木 梢さんの関連記事一覧

鈴木 梢さんの
新着・人気記事をお知らせします。