大悟が憂う「『アメトーーク!』問題」。アルピー平子「僕の収録のベースは会議室」(てれびのスキマ)

2020.7.1


昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、てれびのスキマによる2020年のテレビ鑑賞記録。

『アメトーーク!』スベリはスベリが深い――失敗を語ることで得られる新たな視点

『テレビ千鳥』、「『アメトーーク!』問題」があると憂う大悟は「何人も死んでいってる。『アメトーーク!』スベリはスベリが深いんよ」と、『アメトーーク!』で失敗したアルピー平子とはんにゃ金田をゲストに呼んで大反省会。『アメトーーク!』でやれというノブに「『アメトーーク!』に呼ぶとまた失敗する」という大悟だが、そのセットは『アメトーーク!』そっくり。「セットがよくない……。僕の収録のベースは会議室」と平子。さらに加地Pがスタジオにいることも原因だと主張。後輩の宮下草薙・草薙からの“仕かけ”にも気づかず、本当に傷ついてしまい笑いで返せなかったという。OAでカットされたその後のやりとりも流れる。「さっきのVTR流しちゃダメだよ!」「あのときなんて思考能力止まってる!」。

どんなに実力のある人でもアウェーで出鼻をくじかれドツボにハマってしまうと、「あのモードに入ったら1回収録止めるべきだと思う」と平子が言うようにそこから抜け出すことは難しいのだなと思った。「バラエティ大好き芸人」のような成功した場面を芸人たちが語るのも超おもしろいけど、失敗を語るのもめちゃくちゃおもしろいし、新たな視点ができていい。平子「何年前のVTRでもこれを観るたびにさっきスベったことになるから!」、金田「またあの日に戻ってる」。

『マツコの知らない世界』、黄色を愛する「黄色になって10年」のイエローイエロー(ちなみに名字がイエローで名前がイエローだそう)が黄色の魅力を語るのだけど、その彼自身のキャラクターがとても魅力的だった。徹底した黄色生活は、地名に「黄」がついているという理由で東京から奈良の地黄町に引っ越したほど。けれど、時に「黄色疲れ」して「黄色断ち」することも。「ストレスになってしまうから」。

『あちこちオードリー』、ハライチの後編。ネタを作っていないほうへの不満をぶつける若林と岩井。ふたりで「ネタ受取師」というフレーズを生み出すと、「漫才師」vs「受取師」で一気にヒートアップ。用意していた発言リストのフリップを春日が出すタイミングを逸するほど(結局、出せずじまい)。次々と「漫才師」のふたりが鋭い攻撃をしていくのに対し、さすが一流の「受取師」、最高の受け身で笑いを増幅させていく。本当に4人による体重の乗った最高の漫才だった。

今日観たい番組:『有吉の壁』オール新作の2時間SPなど

『有吉の壁』2時間SP(日テレ)はオール新作。約3カ月ぶりに外ロケ再開!

レギュラー番組として『バナナサンド』(TBS)スタート。ゲストに星野源。

『歴史秘話ヒストリア』(NHK)は「スーダラ節が生まれた」。

『お願い!ランキング』(テレ朝)は「太田伯山」に和牛。

『水曜日のダウンタウン』(TBS)は「番組ADが語る“しんどかった説”座談会」。


毒親となった母との汚部屋ぐらし……これが半自伝!?大反響のマンガ『汚部屋そだちの東大生』とは(PR)
  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。
    【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


WHAT'S NEW新着

あなたにはこちらもおすすめ