『アンという名の少女』シーズン2<9話>進歩的な女性教師に「進歩的な母親の会」が猛反発



ステイシー先生は大人になったアン

ステイシー先生は、まるで大人になったアンだ。最近はけっこう大人っぽくなっていたアンが、またおしゃべりアンに戻ってしまったのも、そのせいではないか。ともかくアンはステイシー先生を理想の先生だと考え、憧れる。

机や椅子を寄せて、教室に車座になって座る授業や、じゃがいもを使って電気を起こす科学実験など、ステイシー先生は座学ではなく、今でいうアクティブラーニング的な授業を行う。

原作『赤毛のアン』も、このあたりは同じで、ステイシー先生の授業は座学中心ではないし、リンド夫人は女の先生に反対である。


「それから暗唱のない金曜日の午後は『野外授業』の日で、ステイシー先生がみんなを森に連れていって、羊歯や華や鳥について勉強するんですって。それから毎日、朝夕には、体育の運動をするの。リンドのおばさんは、そんな指導方法は聞いたこともない、これもひとえに女の先生なんか頼んだからだって言うけど、私は、断然、すばらしいと思うわ。ステイシー先生は、心の同類に違いないわ」

一方、マリラは、アンと一緒に学校に行って、ステイシー先生の授業に興味津々。ステイシー先生をリスペクトする。このあたりは原作とは異なる。

「ばかげたことで頭でいっぱいにして、勉強に費やす時間を無駄にするんだよ」マリラは文句を言った。「子どもの分際で、演芸会なんか計画して、練習にかけずり回るなんて、賛成しないね。見栄っぱりの出しゃばり屋になって、外をほっつき歩くのが関の山さ」

『赤毛のアン』L.M.モンゴメリ 著/松本侑子 訳/文藝春秋
『赤毛のアン』L.M.モンゴメリ 著、松本侑子 訳/文藝春秋。詳細な注釈がついた新訳版
『赤毛のアン』L.M.モンゴメリ 著/松本侑子 訳/文藝春秋。詳細な注釈がついた新訳版

壊されたコールの夢

キツネを仕留めに森に入ったビリーたちが、アンやコールたちの秘密基地を壊してしまう。『アンという名の少女』で、ビリーはいつも悪役で、ほんとひどい。ほとんどの登場人物を優しく見守って、よい見せ場をつくるドラマなのだが(リンド夫人もすぐ改心して見せ場をかっさらったりする)、ビリーに関しては冷たい。コールの作った彫刻を銃で次々と打ち壊すひどさ。

しかも、コールは、親に学校へ行ってないことがバレてしまっている。アンが心配して先生にコールのことを相談し、先生がコールの家を訪ねたせいだ。
秘密基地でも、家の中でも、コールの居場所はなくなってしまう。

Netflixシリーズ『アンという名の少女』シーズン1~3独占配信中
夢を壊されるコール/Netflixシリーズ『アンという名の少女』シーズン1~3独占配信中

「僕を利用したな。信じていたのに」と激高するコール。アンは泣いている。
「先生に僕のことを話したろ。そんなに好かれたいのか」

ステイシー先生同様、力になろうとしたことが裏目に出て、コールの夢を壊してしまった。

「もう僕は農場から出してもらえない。終わりだ。何もなくなった」

落ちていたマフラーを見つけ、秘密基地や彫刻を破壊したのがビリーだと知ったコールは、教室でビリーに掴みかかる。もみあって、ビリーはストーブにぶつかり、耳を火傷してしまう。
この事故で、コールも、ステイシー先生も、さらに窮地に立たされる。ってところで、シーズン2の最終話につづく!
次回、第10話がシーズン2最終話。シーズン1のラストのような「この先、どうなるの!?」っていうクリフハンガーな終わり方ではなく、きっちり着地するので、安心して観れるよ!

『アンという名の少女』シーズン2 予告編 - Netflix [HD]

『アンという名の少女』

原題:Anne with an “E”
制作:2017年 カナダ
原作:L・M・モンゴメリ
製作総指揮:モイラ・ウォリー=ベケット

キャスト
アン・シャーリー(エイミーベス・マクナルティ)(上田真紗子)
マリラ・カスバート(ジェラルディン・ジェームズ)(一柳みる)
マシュー・カスバート(R・H・トムソン)(浦山迅)
ダイアナ・バリー(ダリラ・ベラ)(米倉希代子)
ギルバート・ブライス(ルーカス・ジェイド・ズマン)(金本涼輔)
レイチェル・リンド(コリーン・コスロ)(堀越真己)
ジェリー・ベイナード(エイメリック・ジェット・モンタズ)(霧生晃司)

Netflixシーズン1から3まで配信中

ジェットコースターみたいに感情の動きが激しいアン。Netflixオリジナルシリーズ『アンという名の少女』シーズン1~3独占配信中
シーズン2のアンは少し大人になった印象。Netflixシリーズ『アンという名の少女』シーズン1~3独占配信中

この記事の画像(全19枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ



米光一成

Written by

米光一成

米光一成 (よねみつかずなり)ゲーム作家/ライター/デジタルハリウッド大学教授/日本翻訳大賞運営/東京マッハメンバー。代表作は『ぷよぷよ』『はぁって言うゲーム』『BAROQUE』『はっけよいとネコ』『記憶交換ノ儀式』等、デジタルゲーム、アナログゲームなど幅広くデザインする。池袋コミュニティ・カレッジ..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太