『アンという名の少女』シーズン2<7話>『ジェイン・エア』を朗読するアン「荒野は待ち受ける、危険を顧みずに突き進む者たちを」

Netflixシリーズ『アンという名の少女』シーズン1~3独占配信中

文=米光一成 編集=アライユキコ


Netflix配信中の『アンという名の少女』は、原作『赤毛のアン』に現代的解釈を大胆に加えた作品。『はぁって言うゲーム』の作者でライターの米光一成によるシーズン2の各話レビュー。仲よしのクラスメイト、アン、ダイアナ、コールは、ジョセフィン叔母さんのパーティーで貴重な経験をする。不意にマリラとマシューの悲しい過去も明らかになる7回。

【関連】賛否両論を巻き起こしたNetflix『アンという名の少女』シーズン2はどうなる?

『アンという名の少女』全話レビュー・あらすじまとめ/記事一覧


詐欺師のペンを使おう

『アンという名の少女』シーズン2第7話「気分が変わるように記憶も変わる」。
ショートカットのアン(佐藤栞里さんに似てる!)たちがジョセフィン叔母さんのパーティーに行くエピソード。
パーティーに行くのは、アンとダイアナとコールの3人。
第6話で、コールが右手を骨折した。嫉妬したビリーの意地悪のせいだ。コールは、思うように絵が描けなくなって落ち込んでいる。
アンとダイアナにパーティーに誘われるコールだが、土曜日は家の手伝いがあると断る。アンは諦めない。

「詐欺師のペンを使おう。嘘を書くのにこれほどぴったりの文房具はない。だけどいいウソよ」

台本を書くアン。その台本どおりに演じて、ダイアナとコールはパーティーに行く許しを得る。
アンも、マシューからOKをもらう。

「体調が悪そうだからアンを行かせたほうがいいと思って」

マリラの体調が悪いのだ。目からくる頭痛だ。

原作の『赤毛のアン』にもマリラの頭痛の場面がある。

目を調べてもらったら、これからは、読書も、裁縫も、とにかく目に負担のかかるようなことは、一切やめなさいとおっしゃったよ。しかも泣かないようにして、先生が処方した眼鏡をかければ、目はこれ以上悪くはならないし、頭痛もおさまるだろうって、でも、先生の指示を守らなければ、半年以内に失明するっていうんだよ。目が見えなくなるんだよ! アン、考えてみておくれよ!

『赤毛のアン』L.M.モンゴメリ 著/松本侑子 訳/文藝春秋
『赤毛のアン』L.M.モンゴメリ 著、松本侑子 訳/文藝春秋。詳細な注釈がついた新訳版
『赤毛のアン』L.M.モンゴメリ 著/松本侑子 訳/文藝春秋。詳細な注釈がついた新訳版

ジョセフィン叔母さんの恋人


この記事の画像(全18枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

米光一成

Written by

米光一成

米光一成 (よねみつかずなり)ゲーム作家/ライター/デジタルハリウッド大学教授/日本翻訳大賞運営/東京マッハメンバー。代表作は『ぷよぷよ』『はぁって言うゲーム』『BAROQUE』『はっけよいとネコ』『記憶交換ノ儀式』等、デジタルゲーム、アナログゲームなど幅広くデザインする。池袋コミュニティ・カレッジ..