神回『アンという名の少女』シーズン2<6話>帰って来たギルバート、少年になったアン、フクロウになったマシュー!

Netflixシリーズ『アンという名の少女』シーズン1~3独占配信中

文=米光一成 編集=アライユキコ


Netflix配信中の『アンという名の少女』は、原作『赤毛のアン』に現代的解釈を大胆に加えた作品。『はぁって言うゲーム』の作者でライターの米光一成によるシーズン2の各話レビュー、アヴォンリーを幸せに包んだクリスマス劇の6回、感動でした。

【関連】賛否両論を巻き起こしたNetflix『アンという名の少女』シーズン2はどうなる?

『アンという名の少女』全話レビュー・あらすじまとめ/記事一覧


紳士なギルバート、ひどいフィリップス先生!

『アンという名の少女2』第6話「独断的結論に私は抗議する」。
クリスマス劇の「奇跡の島の物語」が素敵でキュートなので何度も繰り返し観たという人も多い人気回。
第5話で、間違って髪を緑色に染めてしまったアンは、超ショートに。もう学校に行きたくないと駄々をこねるアン、マリラは許すはずもなく、しかたなく登校。すると、ギルバートが戻ってきてる!
最悪のタイミングだけど、再会は嬉しい。ギルバートは、超ショートをからかったりしない。紳士だ。それに比べてフィリップス先生は、「男子の新入生が入ったようだ」とからかうのだ。

ジェリーのクリスマスカード

ジェリーがクリスマスカードをアンに渡す場面は、さらっと描かれているが、第6話の隠れたクライマックスといっていいほどの名シーンだろう。
ジェリーは休みの日なのにアンに会いに来た。
自分が書いたクリスマスカードを渡すためだ。読み書きができなかったジェリーが、おそらく初めて自分で書いたクリスマスカード。
アンの名前の終わりにeのないAnnだったけど(むかしのアンなら「eがないアンなんて!」と立腹していたはず!)、少し大人になったアンは、喜んで「ありがとう。すごく嬉しい」と頬にキスする。
シーズン2の前半では、ジェリーに読み書きをアンが教える場面が何度もあった。そういったジェリーとアンの関係性が実を結んだ名場面だった。

クリスマス劇で少年になったアン

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全17枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

米光一成

Written by

米光一成

米光一成 (よねみつかずなり)ゲーム作家/ライター/デジタルハリウッド大学教授/日本翻訳大賞運営/東京マッハメンバー。代表作は『ぷよぷよ』『はぁって言うゲーム』『BAROQUE』『はっけよいとネコ』『記憶交換ノ儀式』等、デジタルゲーム、アナログゲームなど幅広くデザインする。池袋コミュニティ・カレッジ..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太