『アンという名の少女2』<1話>マリラ気づいて、そいつは悪党なの!イケメンがいっぱい

Netflixシリーズ『アンという名の少女』シーズン1~3独占配信中

文=米光一成 編集=アライユキコ


Netflix配信中の『アンという名の少女』は、原作『赤毛のアン』に現代的解釈を大胆に加えた作品。昨年9〜11月にかけてNHKで放送されたシーズン1の衝撃のラストのつづきも、衝撃の「はぁ?」の連続だ。『はぁって言うゲーム』の作者でライターの米光一成によるシーズン2の各話レビュー、スタート!

【関連】賛否両論を巻き起こしたNetflix『アンという名の少女』シーズン2はどうなる?

『アンという名の少女』全話レビュー・あらすじまとめ/記事一覧


グリーンゲイブルズに悪党が!

Netflixではシーズン3まで配信中、NHK総合では毎週日曜日よる11時からシーズン2が放送中(9月19日よる11時はシーズン2の2話)の『アンという名の少女』。
原作は、不朽の名作モンゴメリの『赤毛のアン』だ。だが、このドラマは、大胆に現代的にアレンジされており、特にシーズン2以降は、どんどん独自展開に突入していく。

『赤毛のアン』L.M.モンゴメリ 著、松本侑子 訳/文藝春秋。詳細な注釈がついた新訳版
『赤毛のアン』L.M.モンゴメリ 著/松本侑子 訳/文藝春秋。詳細な注釈がついた新訳版

シーズン1のラストで、原作にはないオリジナルのキャラクターが登場する。ネイトとダンロップだ。ふたりは、カスバート家の農場で働くフランス人少年のジェリーをぼっこぼこに殴って金を奪った悪いヤツらだ。
しかも、カスバート家に下宿人として入り込んでくることになって、これからどうなる!?
ってところでシーズン1が終わり、いよいよシーズン2の第1話「青春は希望の季節」。

アヴォンリーの大自然の中を歩く。巨木に手を振り、駆け寄って抱き締める。動物たちの声、自然の音、空想の指揮棒を振ってひとり楽しむアン。
美しい景色からスタートするシーズン2だが、そこからの展開はハードだ。

イケメンにときめくマリラ


この記事の画像(全6枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

米光一成

Written by

米光一成

米光一成 (よねみつかずなり)ゲーム作家/ライター/デジタルハリウッド大学教授/日本翻訳大賞運営/東京マッハメンバー。代表作は『ぷよぷよ』『はぁって言うゲーム』『BAROQUE』『はっけよいとネコ』『記憶交換ノ儀式』等、デジタルゲーム、アナログゲームなど幅広くデザインする。池袋コミュニティ・カレッジ..