『アンという名の少女』シーズン2<8話>「妻の役割に専念してほしい。僕が出世できるように」と婚約者に言われた少女の選択

Netflixシリーズ『アンという名の少女』シーズン1~3独占配信中

文=米光一成 編集=アライユキコ


Netflix配信中の『アンという名の少女』は、原作『赤毛のアン』に現代的解釈を大胆に加えた作品。『はぁって言うゲーム』の作者でライターの米光一成によるシーズン2の各話レビュー。アンの通う学校の年長の少女プリシーが、担任のフィリップス先生と婚約した8回。理想の結婚生活をめぐってさまざまな思惑が錯綜し、クライマックスの結婚式では驚きの展開に!

【関連】賛否両論を巻き起こしたNetflix『アンという名の少女』シーズン2はどうなる?

『アンという名の少女』全話レビュー・あらすじまとめ/記事一覧


アヴォンリーの人たちが闘いもがく

『アンという名の少女』シーズン2第8話「事実を認めまいとしてもがく」。
泣いた、染みた、感動した。
プリシーとフィリップス先生の結婚式をクライマックスに、アヴォンリーの人たちが闘いもがくエピソード。

季節は冬。
フィリップス先生とプリシーの結婚式の日が近づいてきた。
マリラは、老眼鏡をしつらえに街へ出る。
プリシーは、「結婚生活と学業を両立させるわ」と言っているにもかかわらず、フィリップス先生は「妻の役割に専念してほしい。僕が出世できるように」と言う。
返事をしないプリシーに「妻の務めだ。そうだろう?」と半ば強引に「そのとおりね」と答えさせるのだった。
結婚式は近づいてくる。

ふたりの結婚に誰もが賛成なのかといえばそうでもない。
プリシーの母親、アンドリュース夫人は「まだ引き返せる」とプリシーに言うのだ。
アンドリュース夫人は、シーズン1で、アンを迎え入れたマリラを「PMSC(進歩的な母親の会)」に誘った人物だ。だから、「教養ある妻になって時代を先駆けてほしかった」と願う。

プリシーは、「まだ引き返せる」と言う母親に「私は大人よ。もう決めたの」と答える。

憎む相手は鏡の向こうにいる


この記事の画像(全19枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

米光一成

Written by

米光一成

米光一成 (よねみつかずなり)ゲーム作家/ライター/デジタルハリウッド大学教授/日本翻訳大賞運営/東京マッハメンバー。代表作は『ぷよぷよ』『はぁって言うゲーム』『BAROQUE』『はっけよいとネコ』『記憶交換ノ儀式』等、デジタルゲーム、アナログゲームなど幅広くデザインする。池袋コミュニティ・カレッジ..