昭和顔のボス猫「いわ」を保護した話。悲劇はおまえに似合わないのに〈残された者になるのを前提に猫との日々を楽しんでいる〉

ボス猫いわ

文と写真=仁尾 智 編集=アライユキコ


近所のボス猫を保護すると決めた。10歳くらいの成猫だ。うちの先住猫たちとうまくやってくれるだろうか、トイレを覚えてくれるだろうか……。不安いっぱいの〈猫歌人〉仁尾智と昭和顔のボス猫「いわ」との共同生活は波乱つづき。保護観察日記、短歌つき。

うまくいく確信は全然なかった

まずは、その面構えを見てもらいたい猫がいる。ドン!

昭和顔の猫、いわ
昭和顔の猫、いわ

獣医さんから「最近、こういう顔の猫、減ったよね。ちょっと写真撮っておこう」と、記念撮影されてしまうほどの昭和顔。

今回は、この昭和顔の猫のお話。

〈怪我をした野良猫が誇らしげにゆく 戦いましょう戦いましょう

今さら家猫として生活ができるのか

名前を「いわ」という。推定10〜13歳くらい。オス。(名前の由来は、人気漫画『ONE PIECE』の顔がでかいキャラクター「エンポリオ・イワンコフ」より)

約4年にわたって我が家周辺のボス的な存在だった「いわ」を家に入れたのは、昨年末12/26のこと。つい最近だ。

現存する「いわ」の最古の写真。2017年3月30日のもの
現存する「いわ」の最古の写真。2017年3月30日のもの

「ぼう」が亡くなって部屋が空いていること、「いわ」とほかの外猫の争いが絶えないこと、我が家の外猫用住居「サンルーム」が「いわ」に独占されていること、「いわ」がずいぶん衰えてきたように見えたこと、など、いろいろな要素が重なって「『いわ』を家に入れれば丸く収まるのでは?」という話になった。

今は亡き「ぼう」と。右前足はケンカ傷。「ぼう」のカップ麺は顔の傷を掻いてしまうのを防ぐエリザベスカラーの代用品
今は亡き「ぼう」と。右前足はケンカ傷。「ぼう」のカップ麺は顔の傷を掻いてしまうのを防ぐエリザベスカラーの代用品
「いわ」と今は亡き「ぼう」。
サンルームを独占する、いわ
サンルームを独占する、いわ

……という話にはなったけれど、うまくいく確信は全然なかった。

外での生活を苦にしていないように見える「いわ」を家に入れるべきか、先住猫との折り合いは大丈夫なのか、トイレは覚えるのか、外に出たがらないのか、おそらくもう高齢猫である「いわ」に、今さら家猫として生活ができるのか、自分たちの都合を優先し過ぎていないか……。

何もかもが不安のなかで、それでも「いわ」を家に入れたのが12/26だ。

*飼い猫は、必ず完全室内飼いしましょう。
「いわ」を含め、ここで書いている「外猫」とは、僕が「ひとり地域猫活動」と称して、周辺の成猫を去勢・避妊をした上で、庭やサンルームで過ごしてもらっている猫たちのこと。それがベストだとは、まったく思っていないけれど、持続し得る精いっぱいを模索しながらやっている。

〈歩んでる道が険しい外猫の硬く冷たい肉球のこと

不安は、案外取り越し苦労に終わる

この記事の画像(全53枚)


この記事が掲載されているカテゴリ

関連記事

仁尾智

Written by

仁尾 智

(にお・さとる)猫歌人。1968年生まれ。1999年に五行歌を作り始める。2004年『枡野浩一のかんたん短歌blog』と出会い、短歌を作り始める。短歌代表作に『ドラえもん短歌』(小学館文庫)収録の《自転車で君を家まで送ってた どこでもドアがなくてよかった》などがある。『猫びより』で「猫のいる家に帰り..