QJWeb公式ツイッター RT数ベスト5記事を紹介!<今週のおすすめ記事>12/11~12/17

2020.12.19
今週のおすすめ記事 1219

編集=谷地森 創


QJWeb公式ツイッターのRT数上位記事をランキング形式で紹介。『QJ』最新号の見逃せない予約特典情報、厳選のイベント情報、タイムリーで熱量の高いコラムなど、必見のカルチャー情報を一気にチェック!


今週のおすすめ記事

1位:巨大すごろくで、ニューヨークの芸人人生を体感!?楽天ブックス限定予約特典が発表『QJ』vol.153

『クイック・ジャパン』最新153号、楽天ブックス限定の予約特典として、巨大すごろくポスター「ニューヨークの波乱万丈! 芸人一代出世双六」(A2サイズ)が“大”発表! ニューヨークファンだけでなく、全お笑いファン必見! ご予約はコチラから

そんな153号ではストロングスタイルのお笑い番組『有吉の壁』を表紙で特集!

2位:「この人と付き合いたい」芸人、兼近&向井よりモテていたハナコ岡部だった(てれびのスキマ)

『ロンドンハーツ』12月15日放送「もしも俺が女子だったら…この人と付き合いたい!」後半戦。全14人の指名をまとめた表もツイッターで大好評! ぜひ、記事中でご覧ください?

3位:「悪い顔選手権」で再確認したチョコレートプラネットの演技力のすごさ

チョコレートプラネットのふたりが「ニュース番組で報道される逮捕時の顔をする」というYouTube企画をブロガーのかんそうがレビュー。その圧倒的なリアリティは彼らのネタにも通じるものがあると分析。

4位:「切符を探す大水」がアーティストTシャツに。相方を待ちつづけるラバーガール飛永翼の戦いを振り返る

そもそも「切符を探す大水」とは? 知らない人にこそぜひ読んでほしい。「たいへんなことに……。」という気持ちになる(かも)。『KIPPU de TROUBLE~9人のアーティストが描く切符を探す大水のTシャツ展~』は2021年1月15日(金)~1月17日(日)に開催予定。

5位:『THE W』吉住が優勝して本当によかったなあと思えるいい大会(てれびのスキマ)

毎日連載「きのうのテレビ」12月15日の回。てれびのスキマによる『THE W』レポート。ツイッターでは吉住への「おめでとう!」という反響が大きかった。『ストーリーズ』「ノーナレ」はこちらもツイッターで大反響のヒコロヒーとみなみかわ出演回をレビュー。


QJWeb今までの人気記事まとめはこちら!?

来週もお楽しみに!


この記事が掲載されているカテゴリ

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太