BE:FIRST、福岡で2022年の初ライブを敢行。地元凱旋のMANATO「いつもと違う僕を見せたい」【『BE:FIRST Gifted Days』レポート#11】

『BE:FIRST Gifted Days』レポート#11

文=坂井彩花 編集=森田真規


SKY-HI(スカイハイ)が率いる会社「BMSG」が仕かけたオーディション『THE FIRST』。そのオーディションによって誕生した7人組ボーイズグループ「BE:FIRST(ビーファースト)」のデビュー後の日々を追いかける番組『BE:FIRST Gifted Days Road to THE FIRST FINAL』。

第11回では、初のファンミーティング『BE:FIRST 1st Fan Meeting -Hello My “BESTY”-』福岡&大阪の公演に密着。2022年の初ステージを終えたメンバーの声、両公演での控え室やリハーサルの様子が届けられた。


MANATO、地元福岡に凱旋

『BE:FIRST 1st Fan Meeting -Hello My “BESTY”-』3つ目の会場となるZepp Fukuokaにメンバーが降り立ったのは、新年を迎えた1月7日のことだった。この日はBE:FIRSTにとって2022年の初ライブということもあり、7人はやる気に満ちあふれた様子を見せていた。

中でもLEOは前のめりで、現場入りするや否や「客席に行ってもいいですか」とスタッフに確認。いつもの会場チェックを、SHUNTOとRYOKIと共に行った。ステージ上からの眺めや観客席を確認し、最後にはステージから一番遠い席まで出向いて距離感を噛み締める。「一番遠い一番うしろの端の席の人から、どう見えてるのか確認したほうがいい。今日もここまで届くようなパフォーマンスをしないと」と、まっすぐな眼差しで話すLEO。

2022年の初ステージで気合じゅうぶんながらも、控え室ではリラックスムードが漂うメンバーたち。ただ、MANATOだけは凱旋ライブということで緊張している様子だった。スタッフに心境を尋ねられ、以下のように熱い思いを明かした。

MANATO ここは福岡、僕の生まれ育った場所ですよ。Zeppのまわりにある建物すら久々に感じてしまうほど長い間こっちに帰れてなかったので、福岡の景色を見ただけで「帰ってきたな」って感じます。Zeppは僕にとって思い出のある場所だし、すごく楽しみです。

今、舞い上がってますね。やっぱりこうやって地元でパフォーマンスできるのって、テンションが上がります。福岡で歌うこと自体が久々だし、地元の人に僕のパフォーマンスを観てもらえるのは、すごく感慨深い。温かい気持ちでいっぱいです。会場で観ている人にしか伝わらないかもしれないけど、いつもと違う僕を見せたいと思います。「今日のMANATOはやばかった」と言ってもらえるようなステージングにしたいです。

本番を数分前に控えた舞台裏、BE:FIRSTのメンバーはいつものように円陣を組んでいた。SOTAが「俺らは(ファンミーティングが)3回目だけど……」と言いかけると、JUNONが「3回目じゃないよね。5回目じゃない?(3会場目であり、公演としては5回目)」と合いの手を入れる。

そして、LEOが「今日来る人は初めてですし、フレッシュな気持ちで。なおかつ、1秒1秒の全部が過去になっていく。楽しみ過ぎないように、ちゃんとBESTY(BE:FIRSTファンの呼称)の皆さんと楽しむことを忘れずに。今年一発目なので、がんばっていきましょう」と気合いを入れて天高く人差し指を掲げ、7人はステージに向かって行った。

RYUHEI「僕たちはBESTYに支えられてパフォーマンスできている」


この記事の画像(全63枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

ライター_坂井彩花

Written by

坂井彩花

(さかい・あやか)1991年、群馬県生まれ。ライター、キュレーター。ライブハウス、楽器屋販売員を経験の後、2017年にフリーランスとして独立。『Rolling Stone Japan Web』『Billboard JAPAN』『Real Sound』などで記事を執筆。エンタテインメントとカルチャーが..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太