矢部浩之の説教は、岡村隆史だけでなく僕らにも向けられていた(てれびのスキマ)


昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、てれびのスキマによる2020年のテレビ鑑賞記録。


「こんな形で『ナインティナインのオールナイトニッポン』が“復活”なんて」

ラジオ『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』、本当に痛い放送だった。この重苦しい雰囲気で2時間つづけられるのかなと思っているところに矢部が登場。岡村に「公開説教」を始める。「リスナーもスタッフも含めて、全員がそうした」という彼の言葉どおりだと思う。もちろん、あの発言は大問題だ。けれど、あれは岡村がこのラジオで長年にわたって作ってきた「風俗野郎」というキャラが乗った上での発言でもあり、リスナーの「最低やな」などのツッコミありきで行われたもの。そのキャラをよしとしてきたのは僕らリスナーだ。

そして矢部が言うようにそのキャラに「岡村隆史の根本」、つまり、歪んだ女性観、偏った価値観が含まれていることも僕らは知っていたはずなのだ。矢部の「説教」は僕らに、そして矢部自身にも向けられていたような気がした。反省すべきは岡村だけではないだろう。

こんな形でナインティナインふたりの『オールナイトニッポン』が“復活”するなんて思ってもみなかったけど、最後の息の合った「締め」を聴いて、本当に矢部がいてくれてよかったと胸がいっぱいになった。

『アメトーーク!』、「飲食店のみなさん、がんばってください」というエールから始まった「鳥貴族芸人」。鳥貴族の魅力を伝えつつも、絶妙な塩梅で毒っけを盛り込むオズワルド伊藤の存在が光った。リーダーの位置に座ったザブングル加藤が本筋から離れ泣き芸を見せ、ぼる塾あんりが「もういいよ!」「普通にやってくれ、“鳥貴”大好きなやつを」と加藤を非難した際も、「泣くって決めて泣いてますよね」と伊藤がとどめを刺す。伊藤は今後も重宝されていくのではないか。

TVerで『相席食堂』「白塗り-1グランプリ」。「白の頂へ」という煽りがもうバカバカしい。「女形」「悪魔」「宇宙人」「魔術師」「海賊」「笠岡」といったキーワードを持つ6人が参加。まずノブが選んだのは「海賊」。登場したのは、「宇宙海賊」ゴー☆ジャス。自己紹介ギャグが流し気味だったのを見逃さず「自分に飽きるな!」というノブに、大悟「かばうわけじゃないけど、飽きるど」。彼のロケが「めっちゃおもしろかった」という女性インフルエンサーには「ダウンタウン見たら死ぬど」。

「女形」はコウメ太夫。その登場にノブ「一番ヤバいの選んだ!」、大悟「ダメだ、目がイッとる!」。なぜか「青空だった」ことを「チクショー!」と言い放つコウメに大悟「人間、青空嫌いになったら終わりど」。

「悪魔」は謎の「現役JK(地獄警備員)」を自称する兎味ペロリナ。50018歳。ノブが「孫のビデオ観とんのか!」と言うほど、ふたりは彼女にまさかの大ハマリ。「男・山根」こと山根明・元会長と遭遇する奇跡も。最後のひと言「悪魔、やめます!」に爆笑。

MXで遅れ放送の『探偵!ナイトスクープ』、ゲストは久本雅美。実は上岡龍太郎時代に「探偵」として一度だけ出演したことがあると言う久本。そのときは自己紹介がてらしゃべり始めると上岡に「どこの馬の骨がしゃべっとんねや!」と遮られ、1回だけで降板になったそう。ちょっとびっくり。

今日観たい番組:オードリー特集『キンスマ』など

今日はなんと言っても『中居正広のキンスマスペシャル』(TBS)。13時間にわたるロングインタビューを元にオードリーを特集!

『脱力タイムズ』(フジ)は河本準一をゲストに脱力流の「テレワーク」収録。

『タモリ倶楽部』(テレ朝)は「スキニーデニムと闘う女たち」。

『ダウンタウンなう』(フジ)では菅田将暉、伝説の号泣ダウンタウンへの手紙シーンが観られる模様。

【毎日更新】きのうのテレビ(てれびのスキマ)
4月30日 R-指定「男なら全員キムタク目指す。男前の教科書に『木村』って書いてあるでしょ」
4月29日 千鳥・大悟が語る志村けん「僕は友だちでした」「お笑いの教科書の1ページ目に触れた」
4月28日 神田伯山が語った「歌なんて誰も詠まない」時代の戦い方
4月26日 鬼越トマホーク「この番組はさんまさんが死ぬまでの思い出作り」


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太