おぎやはぎ『JUNK』と岡村隆史『オールナイトニッポン』がつながった日(宮嵜守史)

文=宮嵜守史


「ナイナイ岡村隆史、“タイプど真ん中”美女が自宅お泊まり」

そんなゴシップ記事が出た日、TBSラジオの深夜枠は『木曜JUNK おぎやはぎのメガネびいき』の放送日。そして同時間帯の『オールナイトニッポン』を担当するのは、まさにゴシップの当事者である岡村隆史だった。

『JUNK』総合プロデューサーを務める宮嵜守史が、その日に起きた奇跡を振り返る。

※この記事は2018年12月21日に発売された『クイック・ジャパン』vol.141掲載の記事を転載したものです。


「今、岡村さんに、聞けないの?」

9月27日。木曜深夜。いつものようにおぎやはぎとTBSラジオの控室で雑談を済ませスタジオに向かう。打ち合わせはしない。

午前1時。生放送がはじまり、大好きなゴシップ記事を憶測のみでいじりだす。その中に「ナイナイ岡村隆史、“タイプど真ん中”美女が自宅お泊まり」という記事があった。小木さんが言った。「今、岡村さんに(記事の真相を)聞けないの?」聞けるわけがない。深夜ラジオリスナーはご存知、木曜深夜はナインティナインさん(今は岡村さん)が長らく他局でパーソナリティを務めている。ニッポン放送の『オールナイトニッポン』だ。ライバルというとおこがましいが、私はその真裏の番組『JUNK』を十数年担当している。小木さんとしては、岡村さんだって生放送中なのだから電話できるのでは、という了見だろうが、そうはいかない。いわゆる商売敵だし。

とはいいつつ、もし自分がリスナーだとしたら、両番組がなんらかの形でつながったら面白いだろうな……と。自然と小木さんの耳に「リスナーに……」と吹き込んでいた。ディレクターの手元にはボタンがいくつかあって、出演者のイヤホンに個別で指示を伝えられる。小木さんが言う。「そうだね。リスナーにメールしてもらおうよ、“あっち”に」。これで十分。あとは流れに任せよう。

しばらくして“あっち”のプロデューサーから携帯に連絡が来た。「どうしましょう?」リスナーがメールをしてくれたようだ。私は「こっちは大丈夫。そっちがいけるならつなぎましょうよ」とイキって答えた。大丈夫じゃない。本当は各所へ連絡しなきゃいけない。制作部、編成部、営業部、ネットワーク部……。もしなにか言われた謝り倒そう。大丈夫、きっとこの会社は理解がある(はず)。自分に言い聞かせて“あっち”の返事を待った。

電話の向こうに、いきなりの“裏のライオン”岡村隆史

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

宮嵜守史

(みやざき・もりふみ)1976年、群馬県出身。伊集院光、爆笑問題、山里亮太、おぎやはぎ、バナナマンがパーソナリティを務める『JUNK』(TBSラジオ/平日深夜1時~)プロデューサーのほか、アルコ&ピース、うしろシティ、ハライチ(いずれもTBSラジオ/深夜0時~)なども担当。2020年1月から新番組『..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太