鬼越トマホーク「この番組はさんまさんが死ぬまでの思い出作り」(てれびのスキマ)

2020.4.26
qjweb_tvsukima0426

昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、てれびのスキマによる2020年のテレビ鑑賞記録。

昨日観た番組:「下手すると芸能界引退だと思ってる。やけになってきた」と語るビートたけし

『割り込んでいいですか?』予定していたロケ企画が緊急事態宣言によりできなくなって急遽、出演者がテレビ電話をつなぐトーク番組に。ロンブー亮は『ロンハー』以外のテレビ復帰後初収録にもかかわらず、ロケ企画が飛んでしまう災難。出川がいる会議室は換気をしているため外からの救急車のサイレンなどが聞こえてきたりするのが新鮮。IKKOもみやぞんもペットが映っているのもいい。もともとズレた対話をするみやぞんとヒアリングに難がある出川、どこまでも自由でとりあえず大声で「どんだけー」的なフレーズを言うIKKOの3人だから、時差のあるテレビ電話だと話が全然噛み合わないし、進まないのがおもしろかった。
みやぞんが「このテンポでやってたらもう(普通の)スタジオ収録はムリですね」と言ってたけど、この番組はテレ東なので特にそうだけど、ほかの番組(日テレのゴールデンでさえ!)テレワークやリモート収録になって全体的にテンポも企画もユルくなった感じがする。それまで1秒単位まで隙なくきっちり作っていたけど、それが現実的にできなくなっている。けれど逆に視聴者としてはそんなユルさが心地いい。

『お笑い向上委員会』「フジテレビの社長に暴言吐いて以来、初めてのフジテレビ」という鬼越トマホークは今回も切れ味抜群。番組に対し「この番組はさんまさんが死ぬまでの思い出作り」、木本に対し「お前の今の状態がTKO状態だよ!」、陣内に対し「離婚ネタとかバービーさんととか、女絡みでしか笑い取ってない」、ザブングル加藤に「闇営業やった奴がはしゃいでんじゃねえぞ!」。そんな加藤が反撃し、鬼越トマホークに「かしわ餅漫談」対決を要求すると焦りをあらわにして守勢に回ってしまうのがおもしろい。
結局、空気階段は9週連続触れられず。水川かたまり「これでお金をもらうことに罪悪感があります」。

『いいね!光源氏くん』千葉雄大のあざとかわいい貴族演技だけでも癒やしだったけど、桐山漣扮する“ライバル”中将殿の登場で癒やし度がまた数段上がった。意外にも仲のよいふたり。「ホホホ」と笑い合うその一挙手一投足に、こちらも思わず「ホホホ」と微笑んでしまう。桐山が「正義の味方とか似合いそう」と言われたり、千葉に「フィリップ殿に世話になった」と言わせたり、桐山が出演した『仮面ライダーW』ネタが出てくるのも楽しい。

『ダウンタウンなう』に山口智充。ダウンタウンとの共演NGの噂は一蹴。実際、NGとかはないのだろうけど、お互いの芸人観みたいなものは相容れないのかなと感じた。自らが夢想する「性感帯瞬間移動システム」の話になると“変態”ぐっさんの本領発揮。「女性と握手した瞬間に、ここ(手)が性感帯になれば、僕は〇〇〇を握ってもらっていることになる」。

『新・情報7daysニュースキャスター』現状に対し「下手すると芸能界引退だなと思ってんだ。もうね、鬱(うつ)を通り越しちゃった。やけになってきたね」と語るビートたけし。

今日観たい番組:『関ジャム』で「2020年最新アイドル勢力図」など

『関ジャム』(テレ朝)は、ヒャダイン、ピエール中野、BiSHの音楽プロデューサー松隈ケンタが「2020年最新アイドル勢力図」を総まとめ。

いつの間にか日曜深夜に移動した『おかべろ』(フジ)に「アローン会」の今田耕司。

【毎日更新】きのうのテレビ(てれびのスキマ)
■4月25日 有吉vsアンジャッシュ渡部の抗争「ヒューマンステージの乱」
4月24日 加藤茶「志村には負けちゃうのかなって吹っ切れるまではしばらく悩んだ」
4月23日 品川祐とRGがラップで魅せた名勝負『フリースタイルダンジョン』
4月22日 「ヨッツ・チンバット」(株)マハロのくだらな過ぎる遊び


この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

ARTICLE LIST

てれびのスキマさんの関連記事一覧

てれびのスキマさんの
新着・人気記事をお知らせします。