加藤茶「志村には負けちゃうのかなって吹っ切れるまではしばらく悩んだ」(てれびのスキマ)

qjweb_tvsukima0424

昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、てれびのスキマによる2020年のテレビ鑑賞記録。


昨日観た番組:「宮下のロングコート登場からのしゃべらないっていうボケ、わしも1回はやってみたい」と大悟

ドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』、正直まったく期待していなかったけど、意外と掘り出しモノかも。ナチュラルに失礼な言動をする朝ドラヒロイン的キャラの黒島結菜。普通ならイラッときそうなところ、彼女自身の魅力でそう感じない。少し懐かしい感じもありつつ、楽しく観られるドラマ。

『笑神様は突然に…』スタジオ部分は、内村が「ショートみたい」とたとえたように広いスタジオに野球の内野の布陣のように大きく距離を取って座り、それをCGで処理して一画面に収める手法に。各番組いろいろ工夫している。スタッフも最小限。職人スタッフ数人だけで、いわゆる“笑い要員”がおらず、内村「(スタッフが)笑うはずがない!」。
ぺこぱ、霜降り明星、宮下草薙の第7世代の面々は、「シュウペイの家探し」に。自由なシュウペイに草薙が「お笑いをナメるな!」とツッコむ事態に。結局、ロケとは関係のない部屋へ引っ越したというシュウペイにノブ「そんなテレビ観たことない!」。
そんなVTRの中で妙な存在感を見せたのは宮下。
大悟「一番印象に残ったのは、宮下のロングコート。ロングコート登場からのしゃべらないっていうボケ。わしも1回はやってみたいもん。すげえ大喜利できるみたいな顔で出てきてひと言もしゃべらずに帰るって。1回そのボケをやってみたい」
ノブ「ボケじゃないねん!」

『バリバラ』バリアフリーと多様性の宴「桜を見る会」。アブナイゾウとか無愛想太郎とか。「公文書 散りゆく桜と ともに消え」。

『相席食堂』いっこく堂の登場にノブが「世界のエンターテインメントで一番スゴい!」と持ち上げると、ノンスタ井上の登場に大悟が「芸なし!」と落とす。井上がDay of the legend名義で出した曲「Forever Memories」が流れると大悟が「腹立たしいわ、この歌」と言い、ノブも追い打ち「笑い飯、麒麟、千鳥とか、南海キャンディーズが『M-1』を目指してワーッてお笑いやってるときにこんなん出しやがって。で、女子にキャーキャー言われていて、結果こいつが『M-1』獲ったんよ。なんでぇ!」。当時、相当な鬱憤があったのだろうなと思わせる。

『夜の巷を徘徊する』1991年の新宿の風景がとても興味深かった。とても90年代とは思えない街並み。

『アメトーーク!』「ありがとうノムさん芸人」、出川が「笑いなんか関係ない。熱ければいい」「ハートでしゃべれ!」と語っていたのは彼の芸論が詰まっているようだった。やっぱり松村邦洋が出ていないのは寂しかった。それだけが残念。でも「なんで松っちゃんを出さないんだ!」とは言えない。僕のような者でも「この雑誌の特集に書いてほしかった」とか「あの番組に出てほしかった」とか名指しで言っていただけることもたまにあって、それは光栄でうれしいのだけど、こちらの都合でお断りしてしまっていることもあるので、「なんでこの企画に呼ばないんだ!」みたいに半ば作り手批判を含んだ言葉で言われると申し訳ない気持ちでいっぱいになるので。

『ダウンタウンDX』志村けん追悼で総集編。1993年11月11日の放送で当時50歳の加藤茶が志村の人気が上がって行ったときの心境を、「やっぱり複雑だったよね。あれ? こいつには負けちゃうのかなって吹っ切れるまではしばらく悩んだ」と語っていた。『1989年のテレビっ子』を書いた際、そのあたりの部分を知りたくて雑誌などのインタビューを読み漁ったけど、吹っ切れた後の心境しか語っていなかったのでちょっと驚いた。

今日観たい番組:「タモリ倶楽部を踏み台、いや 足がかりにしていった芸人達」など

『爆笑問題のシンパイ賞!!』(テレ朝)はネタ対決の特別編。今回はかが屋vsルシファー吉岡。ルシファーの噂のネタが観られるか。

『かりそめ天国』(テレ朝)は「有吉VSグルメ王・渡部」の歴史の総集編。

『タモリ倶楽部』(テレ朝)は、「タモリ倶楽部を踏み台、いや 足がかりにしていった芸人達」の総集編。このところ、新規収録が難しいため総集編や再放送が多くなっているけど、この総集編は非常に楽しみ。

『ダウンタウンなう』(フジ)はかつて『リンカーン』レギュラーから突然姿を消した山口智充と岡崎体育。

『全力!脱力タイムズ』(フジ)は、松本まりか&プラス・マイナス兼光。

『家政夫のミタゾノ』第4期(テレ朝)スタート。

【毎日更新】きのうのテレビ(てれびのスキマ)
4月23日 品川祐とRGがラップで魅せた名勝負『フリースタイルダンジョン』
4月22日 「ヨッツ・チンバット」(株)マハロのくだらな過ぎる遊び
4月21日 『日向坂で会いましょう』で明かされた“ものまね芸人の生態”
4月20日 「大宮吉本」が売れれば売れるほど吉本の売り上げは下がる

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太