『日向坂で会いましょう』で明かされた“ものまね芸人の生態”(てれびのスキマ)

2020.4.21

昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、てれびのスキマによる2020年のテレビ鑑賞記録。

昨日観た番組:「お笑い研究部」は芸人のコンプレックスに刺さりがち

『ヒルナンデス』でバイきんぐ小峠の「モーニングルーティン」。ショパンを聴きながら、花に水をやり、ハーブティーを飲む。そんな優雅な朝なのに終始渋い顔をしているのが可笑しい。頭を剃るのは、2日に1回だそう。

『しくじり先生』「お笑い研究部」が地上波で。ニューヨークとラフレクランが「情報番組での爪痕の残し方」として番宣俳優のインタビューを練習。「俳優の『冗談』を笑いとして届けるにはどうしたらよいか」と講師役のアルコ&ピースの平子。この「冗談」と「笑い」は違うという視点はとても興味深い。

その後、俳優役に“入っていく”平子がおもしろい。元アナウンサーのラフレクラン西村は、経歴を活かしてそつなくインタビューをこなそうとする。そのため、本来キャラ立ちしているはずのきょんの役割がなくなってしまう。これに対しノブコブ吉村が「(笑いの)血が通ってない」「流してる感じがする」と寸評すると、西村は「あのー、血が通ってないですか? お笑いが好きでぇ……」と泣き出してしまう。

この企画、以前インディアンスのきむも泣いてしまったように、芸人が抱えている悩みやコンプレックスにクリティカルに刺さりがち。西村はお笑いが大好きでこの世界に転身したのに、うますぎる故、こなしていると言われてしまうのがコンプレックスだという。

『美食探偵 明智五郎』。1話完結の軽めのドラマだと思っていたら、「マグダラのマリア」を柱にしたストーリーで意外だった。マリア役の小池栄子がとにかくいい。

『有吉ぃぃeeeee!』。紅一点ゲストに井森美幸。有吉と対等に渡り合えるからおもしろい。あの伝説のダンスの井森がゲストだけあってNintendo Switchの『ジャストダンス2020』をプレイ。ダンス中、ボキボキ骨が鳴る井森、センターを奪い合う有吉と井森。楽しそう。

『日向坂で会いましょう』。「企画プレゼン大会」でキサラ芸人に弟子入りしてものまね修行をしたいという提案が。それに対し、キサラで下積みしていた若林が「みんなに知ってほしいのは古賀シュウ」などと盛り上がる。ものまね芸人が楽屋で集まるとそれぞれどんなものまねができそうかという話になりがちで、若林は近藤真彦と窪塚洋介ができそうと言われたと。こういうものまね芸人の生態はおもしろい。

今日観たい番組:『テレビ千鳥』「コメンテーター表情選手権」など

『ロンドンハーツ』(テレ朝)はフジモン率いるマハロ軍団、品川率いる品川軍団、とろサーモン久保田率いる久保田軍団による「軍団対抗先輩クイズ」。

『テレビ千鳥』(テレ朝)は「コメンテーター表情選手権」。アンガールズ田中監修のもと、大悟、笑い飯西田、ダイアンユースケ、狩野英孝がチャレンジ。

数々の名作ドキュメントを制作した東海テレビの阿武野勝彦P&土方宏史Dコンビによる『樹木希林の天国からコンニチワ』がフジテレビで放送。

【毎日更新】きのうのテレビ(てれびのスキマ)
4月20日 「大宮吉本」が売れれば売れるほど吉本の売り上げは下がる
4月19日 霜降り・ニューヨーク・EXITの“第7世代論争”「粗品は令和に現れた悪魔だ!」
4月18日 タモリ「今のテレビ、全部説明するからつまらない」
4月17日 「『いいね!』なんかで喜ぶ人生送りたくない」大悟を切り捨てる平子


この記事が掲載されているカテゴリ

この記事の画像(全1枚)


てれびのスキマ

ARTICLE LIST

てれびのスキマさんの関連記事一覧

てれびのスキマさんの
新着・人気記事をお知らせします。