直前『M-1グランプリ2020』審査員よりベテランもいるファイナリストを全組徹底解説

2020.12.20
全ファイナリスト事前徹底解説

年に一度、コアなお笑いファンはもちろん、そうでない方も漫才を楽しむ日『M-1グランプリ』。どうせ観るなら、それぞれのコンビの特徴やバックボーンを知って、より番組を楽しんでほしい。

そこで、お笑い評論家のすが家しのぶさんに、今大会のファイナリスト全9組について事前解説をしてもらった。これを読んだあなたは、今日の『M-1グランプリ』をより楽しめること、間違いなし!

©︎M-1グランプリ事務局

連続出場組の今までの雪辱/見取り図・オズワルド・ニューヨーク

どうも、すが家しのぶです。今回は、本大会のファイナリストたちについて、改めて振り返っていきたいと思います。観戦する際の参考にでもしていただければ幸いです。

まずは、昨年大会から連続して決勝進出を果たした3組から。

今大会唯一の3年連続で決勝進出となったのは見取り図。「あたおか」などに代表されるキラーワードの精製を得意としたコンビです。過去2大会での成績はさほど芳しくはありませんでしたが、18年大会で9位、19年大会で5位と、その評価を確実に上げてきています。今年こそ、さらに上位に食い込んで記憶に残る活躍が観たいです。

2大会連続で決勝進出を果たしたのは、シニカルな視点のネタで高い評価を得ているニューヨークと、ロートーンな語り口の漫才が“新・東京スタイル”と称されているオズワルド。前大会では、ニューヨークはトップバッター、オズワルドは優勝したミルクボーイの直後と、それぞれ順番に恵まれなかったコンビという印象があります。事実、ニューヨークは最下位、オズワルドは7位と、どちらも振るわない結果に終わりました。

しかし、あれから1年間、彼らは着実に力をつけてきました。特にニューヨークは、『キングオブコント2020』において総合2位の好成績を収め、その非凡な才能が花開こうとしています。共に昨年大会での雪辱を果たせるか。

返り咲きの2組/アキナ・マヂカルラブリー 


この記事が掲載されているカテゴリ

この記事の画像(全3枚)


すが家しのぶ

ARTICLE LIST

すが家しのぶさんの関連記事一覧

すが家しのぶさんの
新着・人気記事をお知らせします。