直前『M-1グランプリ2020』審査員よりベテランもいるファイナリストを全組徹底解説



敗者復活戦の見どころ/学天即

以上の9組に加え、準決勝戦敗退となったコンビから、ひと組がワイルドカードとして復活。前回大会ファイナリストのぺこぱからし蓮根インディアンス、過去大会ファイナリストのゆにばーす、『キングオブコント2020』ファイナリストのニッポンの社長ロングコートダディなど、名だたる芸人たちが決勝進出を目指し、敗者復活戦で競います。

その中でも注目されているのが学天即。結成直後の2005年、下積みも何も経験していないまったくのアマチュアコンビでありながら、いきなり準決勝進出を果たしたコンビです。その後、ふたりはオーディションを経てプロになり、なおも『M-1』に挑戦しつづけてきましたが、決勝の舞台に立ったことは一度もありません。そして迎えた2020年のラストイヤー。果たして最後のチャンスをものにすることはできるのか?

こちらからは以上です。皆さんで『M-1』を思う存分楽しみましょう。


この記事の画像(全3枚)


この記事が掲載されているカテゴリ

すが家しのぶ

Written by

すが家しのぶ

(すがや・しのぶ)1985年生まれ、香川県出身。お笑い評論家。フリーペーパー『SHOW COM』誌上でお笑い芸人DVDレビュー『神宮前四丁目視聴覚室』連載(Vol.1~Vol.28)。『立川談志落語集成 1964-2004』土橋亭里う馬、『東宝名人会 立川談志大全集』毒蝮三太夫・野末陳平、各インタビ..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太