【M-1グランプリ】敗者復活戦で勝ち上がるのは誰?予想アンケート結果発表!新しい審査を突破するのは

2023.12.24
(C)M-1グランプリ事務局

文・編集=QJWeb編集部


2023年12月24日午後6時30分から、ABCテレビ・テレビ朝日で生放送される『M-1グランプリ』。今年は、ダンビラムーチョ、カベポスター、くらげ、マユリカ、モグライダー、令和ロマン、さや香、真空ジェシカ、ヤーレンズの9組が決勝へ駒を進め、放送当日に行われる敗者復活戦を勝ち抜いたひと組を合わせた計10組で優勝を争う。

最後のひと枠をかけて同日午後3時から行われる敗者復活戦には、ぎょうぶ、きしたかの、ドーナツ・ピーナツ、ママタルト、フースーヤ、トム・ブラウン、華山、スタミナパン、豪快キャプテン、オズワルド、ヘンダーソン、バッテリィズ、ナイチンゲールダンス、鬼としみちゃむ、ニッポンの社長、ダイタク、20世紀、エバース、ロングコートダディ、ななまがり、シシガシラの全21組が出場する。この戦いを勝ち抜き、決勝へ駒を進めるのは誰なのか。

※アンケート実施期間:2023年12月11日(月)~12月21日(木)


第10位〜第5位は?

第10位 エバース

『M-1グランプリ2023』準決勝
エバース(左:佐々木隆史、右:町田和樹)

2016年結成/吉本興業

第9位 オズワルド

『M-1グランプリ2023』準決勝
オズワルド(左:畠中悠、右:伊藤俊介)

2014年結成/吉本興業

第8位 ダイタク

『M-1グランプリ2023』準決勝
ダイタク(左:吉本大、右:吉本拓)

2009年結成/吉本興業

第7位 ママタルト

『M-1グランプリ2023』準決勝
ママタルト(左:檜原洋平、右:大鶴肥満)

2016年結成/サンミュージックプロダクション

第6位 ロングコートダディ

『M-1グランプリ2023』準決勝
ロングコートダディ(左:堂前透、右:兎)

2009年結成/吉本興業

第5位 フースーヤ

『M-1グランプリ2023』準決勝
フースーヤ(左:田中ショータイム、右:谷口理)

2016年結成/吉本興業

トップ3は!?

同率3位 ナイチンゲールダンス

『M-1グランプリ2023』準決勝
ナイチンゲールダンス(左:中野なかるてぃん、右:ヤス)

2017年結成/吉本興業

理由
・今年一番といっていいほどノリにノっているから
・勢いを感じるので。
・ボケ数が多いから。

同率3位 ヘンダーソン

『M-1グランプリ2023』準決勝
ヘンダーソン(左:子安裕樹、右:中村フー)

2008年結成/吉本興業

理由
・準決勝のレポをを見ていて、ウケていた芸人としてよく名前が挙がっていたから。
・今年のヘンダーソンはすごい。

同率1位 ななまがり

『M-1グランプリ2023』準決勝
ななまがり(左:森下直人、右:初瀬悠太)

2008年結成/吉本興業

理由
・ネタが独創的だから。
・客ウケも芸人ウケもいいから。
・ツカミが最高。

同率1位 トム・ブラウン

『M-1グランプリ2023』準決勝
トム・ブラウン(左:布川ひろき、右:みちお)

2008年結成/ケイダッシュステージ

理由
・2018年の決勝のときよりもさらに衝撃的で爆発力のある漫才をしているから。
・もともと決勝に行っててもおかしくない出来。
・準決勝がおもしろかったから。


この記事の画像(全6枚)


この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

QJWeb編集部

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。