【写真79枚】『M-1グランプリ2023』準決勝、全31組の激闘レポート

2023.12.8
『M-1グランプリ2023』準決勝

文・編集=梅山織愛 撮影=長野竜成


12月7日(木)に行われた『M-1グランプリ2023』準決勝。31組が出場し、うち9組が決勝進出を決めた。本稿では準決勝の模様を写真とともにレポートする(全31組の漫才の模様は写真ギャラリーに掲載)。


今年は31組が集結

準決勝のMCは今年も、はりけ〜んず。MCでは、「ベストアマチュア賞」や、今回から新設された「ベストキッズ賞」「ジモトスター賞」を紹介した。

『M-1グランプリ2023』準決勝
「ベストキッズ賞」ラブリースマイリーベイビー

そしていよいよ、本編がスタート。まずは「ベストアマチュア賞」を受賞した現役東大生と早大生によるコンビ・ナユタが『M-1』を題材にした漫才を披露する。

『M-1グランプリ2023』準決勝
「ベストアマチュア賞」ナユタ

続いて登場したのは、、「ワイルドカード」で勝ち上がったダブルヒガシ。そのあと、Aブロックはぎょうぶ、きしたかの、ドーナツ・ピーナツ、ママタルト、フースーヤ、トム・ブラウンと続く。

『M-1グランプリ2023』準決勝
ダブルヒガシ(左:大東翔生、右:東良介)
『M-1グランプリ2023』準決勝
フースーヤ(左:田中ショータイム、右:谷口理)
『M-1グランプリ2023』準決勝
トム・ブラウン(左:布川ひろき、右:みちお)

Bブロックには準決勝初進出の華山、スタミナパン、豪快キャプテン、2022年まで4年連続決勝に進出しているオズワルド、そしてラストイヤーのヘンダーソンやくらげ、バッテリィズ、2年連続決勝進出中の真空ジェシカが並ぶ。

『M-1グランプリ2023』準決勝
スタミナパン(左:麻婆、右:トシダタカヒデ)
『M-1グランプリ2023』準決勝
ヘンダーソン(左:子安裕樹、右:中村フー)
『M-1グランプリ2023』準決勝
真空ジェシカ(左:ガク、右:川北茂澄)

Cブロックはナイチンゲールダンス、鬼としみちゃむ、令和ロマン、ニッポンの社長、ダイタク、20世紀、エバース。そして最後にブロック唯一の決勝経験者、モグライダーが登場した。

『M-1グランプリ2023』準決勝
ナイチンゲールダンス(左:中野なかるてぃん、右:ヤス)
『M-1グランプリ2023』準決勝
ダイタク(左:吉本大、右:吉本拓)
『M-1グランプリ2023』準決勝
20世紀(左:木本悠斗、右:しげ)

最終Dブロックはダンビラムーチョからスタート。ヤーレンズ、ロングコートダディ、ななまがり、シシガシラ。そして昨年準優勝のさや香、カベポスター、最後はマユリカが務めた。

『M-1グランプリ2023』準決勝
ダンビラムーチョ(左:大原優一、右:原田フニャオ)
『M-1グランプリ2023』準決勝
ななまがり(左:森下直人、右:初瀬悠太)
『M-1グランプリ2023』準決勝
シシガシラ(左:浜中英昌、右:脇田)

今年も、し烈な争いとなった準決勝。勝ち上がったのはダンビラムーチョ、カベポスター、くらげ、マユリカ、モグライダー、令和ロマン、さや香、真空ジェシカ、ヤーレンズの9組。ワイルドカード枠のダブルヒガシを除く残りの21組は、最後の1枠をかけて敗者復活戦に臨む。


この記事の画像(全79枚)


この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

梅山織愛

(うめやま・おりちか)1997年生まれ。珍しい名前ってよく言われます。編集者・ライター。自他共に認めるミーハーなので、いろいろハマりますが、アイドル、お笑いが特に好きです。あと、チョコレートも詳しいです。

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。