なぜタイのデモで『ハム太郎』が歌われたのか?ポップカルチャーが持つ本質的な魅力とその危うさ

2021.4.13


ポップカルチャーに本質的に備わった「快」の強さ

本書の訳者あとがきによれば、ジェンキンズは『コンヴァージェンス・カルチャー』に先立つ著書『テクストの密猟者』において、ファン共同体によるコンテンツへの独自のコンテクスト付与を、ミシェル・ド・セルトーの概念を借用し「密猟」と表現したという。それに倣って言えば、この今日的な仕掛け人なきパロディは、特権的な密猟者など存在し得ないということを改めて確認させてくれる。もし誰かが政治的な意図をもってコンテンツの特権的な密猟業者たろうとしても、その意図とは無関係なパロディが別のところで発生し、その密猟の特権性を奪う。こうしたコンテンツ流通のあり方は、まさしく「メディアの制作者とメディアの消費者の持つ力が前もって予見できないかたちで影響し合うところ」という「コンヴァージェンス・カルチャー」の性質を、本書が書かれた時代のコンテンツ以上に体現している。

「密猟」の概念が提唱される『日常的実践のポイエティーク』ミシェル・ド・セルトー 著/ 山田登世子 訳/筑摩書房

最後に、その仕掛け人なきパロディにおいて、何がイニシアティブを握るのかを仮説的に少し考えてみたい。もし特権的な意図が成立せず、集団のなかからパロディが自然発生するのだとしたら、どんな要素がそれを促すのだろうか。「ハム太郎」の事例においては、おそらくコンテンツに内在するプリミティブな快楽がその役割を果たしているように思われた。「アニメソングをパロディしながら曲に合わせて走り回る行為」そのものの楽しさは、それをする「理由」が伝わらなくとも浸透していく。そしてそのことは、もともと日本のオタクカルチャーにおいて「ハム太郎」のサークルが楽しまれていた要因と同じなのである。

『CDツイン とっとこハム太郎「みんな大好き!ハムハムソング」』/ 日本コロムビア

ポップカルチャーのコンテンツやパロディが、接点のないはずの現場同士を容易に行き来し、時にハードルの高い政治的な活動さえも支えてしまうのは、まず第一にそこに「快」の強さがあるからだ。そしてそれは、特定の意図が特権的な役割を持たなくなることでさらに加速する。

良くも悪くも、「快」に促された運動は、意図による抑圧を受けることなく拡大していく。そのことが「ハム太郎」のようにポジティブな結果を生み出すこともあれば、「カエルのぺぺ」のように火種をもたらすこともあるだろう。しかし重要なのは、そこでは意図が後景に退き、見えにくくなりがちだということだ。「コンヴァージェンス」は、ポップカルチャーの持つ力がそのようなものであるということを、いささかの恐れも含みながら記述できる概念でもあるように思える。


この記事の画像(全5枚)




関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

tomoyamatsumoto松本知也

Written by

松本友也

(まつもと・ともや)ライター。1992年生まれ。「Rhetorica」企画・執筆。直近の活動は『Rhetorica #04』、『ARTEFACT』(慶應義塾大学アート・センター)、「K-POPから生まれる「物語」」(CINRA.NET)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太