なぜタイのデモで『ハム太郎』が歌われたのか?ポップカルチャーが持つ本質的な魅力とその危うさ

2021.4.13


なぜタイのデモで『ハム太郎』が?

ポップカルチャーと政治の「前もって予見できない」邂逅について、日本に住む人々にもなじみの深いケースをひとつ挙げてみたい。昨年7月にタイで起こった反政府デモで、なぜか日本のアニメ『とっとこハム太郎』のテーマソングが用いられたという事例である。日本のニュースでも扱われたので記憶に残っている人も多いだろう。テレビでは、デモに参加したタイの若者たちが「とっとこ はしるよ ハム太郎」というおなじみのメロディをタイ語で合唱しながら小走りで行進する姿が放送された。現地ではハム太郎のステッカーが作成されたり、ぬいぐるみが掲げられたりもしていたようだ。

反政府デモで、なぜ日本の子ども向けアニメのテーマソングが歌われたのか。日本のメディア現地メディアで紹介されているデモ主催者のコメントによれば、『ハム太郎』がタイでも放送され若い世代に浸透していること、「閉じ込められた檻から出ようとする」境遇が自分たちと重なること、元の歌詞に登場する「ヒマワリのタネ」と、替え歌の歌詞の「納税者のお金」がタイ語で韻を踏んでいること、などが理由らしい。

当人たちがそう語っているのだからそれが「理由」ということでよいようにも思えるが、実際にはそれだけではない。というのも、日本のアニソンDJ文化やアイドル文化に多少親しんだ人間であれば、このデモにおける「『ハム太郎』の曲に合わせて走る」行為が、明らかにそれらの現場で生まれた「芸」を参照したものだということがわかるのである。元の「芸」をひと目見ればその類似に気づけるだろうし、タイ語で歌われるテーマソングの合間には「ハイセーノ!」という日本語のかけ声まで入っている(上記リンクの動画の0:18ごろ)。どこまで意図的かはさておき、参照は明らかだ。

『NIPPON HAKU BANGKOK 2018』にてアニソン歌手・YouTuberのMindaRynとアイドルグループ「Sweat16」のコラボステージで歌われた『ハム太郎』

国内で流行した「ハム太郎」サークル

この「芸」は日本のアニソンDJイベントシーンで2017年以降に流行したものと言われており、そこからアイドル現場をはじめ隣接するオタクカルチャーのジャンルに派生していった。筆者が実際に目撃したのは2017年、2018年ごろのアイドルフェスだったと記憶している。その後、国外でのイベントでも行われるようになっていったようだ(詳細な経緯はこの記事に詳しい)。

とすると、タイの反政府デモの主催者は、こうしたカルチャーに親しみのある人間だったのだろうか。日本のアイドル文化にはタイのファンも多く、ライブアイドルがタイに遠征するケースも多々あるし、タイ現地には日本式のアイドルグループもいくつか誕生しているので、あり得ない話ではない。とはいえ実際のデモにおいてはその痕跡は(それこそ「ハイセーノ」のコールくらいしか)残っていないし、参加者たちもその文脈をほとんど理解していないだろう。重要なのは、主催者が実際にオタクカルチャーを理解した上で「ハム太郎」を参照していたかどうかではなく、デモ主催者の語るまじめな理由と、オタクカルチャー由来の理由のどちらも、「『ハム太郎』が歌われた理由」としては確からしいということだ

さらに調べていくと、また別の情報も出てくる。たとえば、そもそも『とっとこハム太郎』はタイでも2005年から放送されており、「ハム太郎」のテーマソングは若年層にもよく知られているらしいということ。またタイ文化の専門家によれば、「ハム太郎」はある種のネットミームとしても知られていたらしい。ここまでくると、日本にいる人間には「タイにおける『ハム太郎』の位置づけ」がほとんど推察できなくなってくる。タイの人々が抱く「ハム太郎」へのイメージは、日本の我々が抱く(また、先の「芸」の前提になっている)「ハム太郎」のイメージとは違っている可能性が大いにある。タイのデモで「ハム太郎」が歌われているのを見て日本の人々が感じるおかしみは、おそらく現地のデモ参加者たちには伝わらないだろう。

事後的に真剣な政治的メッセージを獲得してしまった


この記事の画像(全5枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

tomoyamatsumoto松本知也

Written by

松本友也

(まつもと・ともや)ライター。1992年生まれ。「Rhetorica」企画・執筆。直近の活動は『Rhetorica #04』、『ARTEFACT』(慶應義塾大学アート・センター)、「K-POPから生まれる「物語」」(CINRA.NET)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太