「素晴らしいカルチャーを守れ」のその先へ(九龍ジョー)

2020.3.26

ある演劇公演の顛末

ところで、昨年夏に都市を滅ぼすほどの大きさの隕石が、地球とニアミスしていたのをご存じだろうか。

天文学者も数日前まで気付かず…… 直径約130メートルの小惑星が地球とニアミスしていた」(Business Insider Japan)

私は最近、ある演劇公演を通じて、初めてこのニュースを知った。

こうした隕石は、万一、地球に衝突すれば都市レベルで被害が出るため「シティ・キラー」と呼ばれるらしい。演劇公演は、このニュースから名前を頂戴した、その名も『シティキラー』というタイトルだったのだ。

citykiller_02
『シティキラー』ゲネプロより

しかし、この『シティキラー』という演劇は、観客の前で上演されることはなかった。

3月5日に初日を迎える予定で、3月1日の時点では開催を決断、舞台美術も建て込んだ。だが、3月2日に政府の「要請」があったことを受けて、最終的に公演は中止となる。

『シティキラー』は映画美学校アクターズ・コースという俳優スクールの卒業公演でもあった。講師はウンゲツィーファという劇団を主宰する劇作家・演出家の本橋龍。

私は過去に同校で講師を務めたことがあり、また本橋と同校のつながりにも関与していたことから、同公演の無観客ゲネプロ(リハーサル)を見学させてもらうことができた。本来なら公演初日となるはずだった3月5日のことだ。

舞台はとあるゲストハウスである。これを最後に、それぞれの道を踏み出していく俳優の卵たちが、それぞれ旅人を演じた。都市を破壊するほどの隕石がニアミスしても気づかれない程度の、ささやかな可能性として、私はそこにあったはずの演劇公演に思いを馳せた。

citykiller_01
citykiller_03
『シティキラー』ゲネプロより

ちなみに『シティキラー』は8話の連続ドラマへと翻案され、現在、YouTubeでの配信が始まっている。転んでもただでは起きない。

何も終わらないし、何も始まらない。できることをやっていくしかないのだ。

『シティキラーの環(わ)』第1環

▶︎【総力特集】アフターコロナ
『QJWeb』では、カルチャーのためにできることを考え、取材をし、必要な情報を伝えるため、「アフターコロナ:新型コロナウイルス感染拡大以降の世界を生きる」という特集を組み、関連記事を公開しています。


この記事が掲載されているカテゴリ


九龍ジョー

ARTICLE LIST

九龍ジョーさんの関連記事一覧

九龍ジョーさんの
新着・人気記事をお知らせします。